写真で綴る旅行記

南チロル旅行記2003 31 St.Hubertus へ

”St.Hubertus” , San Cassiano , Trentino Alto Adige
b0178479_22452074.jpg


“キャステル・コルツ”の代替は,隣村のSan Cassiano のHotel “ローザ・アルピナ”に入っている “St.Hubertus” です。
ミシュランでは☆1つが付いています。

このローザ・アルピナは,ルネ・エ・シャトーのメンバーになっています。
このホテル・アソシエイションは,ちょっとこそばゆい表現ですが,“貴族のお屋敷で美食”と言うイメージがあります。
私としては,一番好きなホテル・アソシエイションです。

料金がちょっとお高いところばかりです。
このローザ・アルピナもその例に漏れず,一泊300ユーロ程度からと,キャステル・コルツの3倍近くの設定になっています。

確かにスパ等の施設も整っているようですが。
ホテルの正面から見る限りでは,残念ながらよさは伝わってきませんでした。
街中に立ってますので,他のホテルの中に埋もれてしまっています。

ただHP等で見ると,渓谷に面した部分は非常によさそうでしたけど。

”St.Hubertus” , San Cassiano , Trentino Alto Adige
b0178479_2246018.jpg


ここの料理の特徴は,テイスティング・メニューを頼んだ場合,皿数が15皿にも及ぶことです。
最近は昔の3皿構成から比べれば,皿数が多くなる傾向にはあるかと思います。
しかし,これだけ多いのは初めてです。
さて,最後まで食べ切れるのでしょうか。

キャステル・コルツのシェフからも,“ぼくも去年行ったけど,最後はとても苦しかったよ。頑張ってきてね”と言われてしまいました。

結果として,9時過ぎに食事を始めて,食べ終わったのは12時を回っていました。
途中からは,際限なく続く“わんこそば”を思い浮かべていました。
大して美味しい訳ではないけど,ひとつのお遊びとしては食べてみようかな,そういう出来でしたね。
[PR]
by travelsketch | 2012-06-11 22:57 | 南チロル旅行記2003