写真で綴る旅行記

南トスカーナ旅行記2007 33 フィレンツエにて オステリア・ベッレドンネ

b0178479_21255167.jpg

オステリア ベッレ・ドンネはその名の通り,ベッレ・ドンネ通り沿いに位置しています。
しかし,その手前のスパーダ通りを,それと勘違いをして探し回っていました。
もう一回地図を良く見て,現在位置を確認し,やっと見つけました。

その為,ゆとりを持って訪れたつもりですが,14:00を回っています。
お昼も終わりの時間に近付いているからでしょう。テラス席は少しずつ片付けられ始めていました。

入り口のメニューを見ていたら,片付けていた人から声を掛けられました。
“何を注文するの。”。この旅行中はどこに行っても“ピチ”を頼もうと思っていました。
ただ,シエナ近辺のパスタですので,フィレンツエでは望む方が無理でした。

ひと言,“無い”。仕方が無いので,ベッレ・ドンネの名前の付いた,リゾットを頼みました。



b0178479_21262185.jpg

彼の案内で,店の中に通されました。大き過ぎず,小さ過ぎず,ちょうど良い広さのお店です。
仲間内でテーブルを囲み,ガヤガヤ喋りながら食事するにはちょうど良い雰囲気です。
勿論複製ですが,カラバッジョのバッカスの絵が,この場にぴったりでした。

肝心のリゾットです。芯の残り方もちょうどですし,味もそこそこです。
ただし,この後周った南トスカーナのお店と較べると,どうも勢いがないというか,悪い意味で都会の店だなと思ってしまいました。
コスト・パフォーマンスも良くないです。

車で移動できる訳です。
フィレンツエを出て小さな街のリストランテにでも入った方が,安くておいしい食事ができたのかもしれませんね。

ただ,フィレンツエの街中に住んでいるのであれば,選択肢に入ってくるお店だとは思います。
[PR]
by travelsketch | 2010-04-25 21:30