写真で綴る旅行記

<   2013年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ヨークシャー旅行記2006 27 サットン・バンク へ 

Satton Bank,Yorkshire,England
b0178479_19423294.jpg


ビジターセンターに到着しましたが,係員が戸締りをしていました。
21:00過ぎまで明るいので感覚が狂っているのでしょうか,既に17:00を回っています。
仕方がないので,とりあえず標識に従って歩き出すことにしました。

駐車場を抜け,幹線道路を渡ってしばらく歩くと高台にでました。
少し日が傾きかけているので,染まりかけた田園風景が目の前に広がっています。

そして,かなた先にいわゆる“サットン・バンク”が見えています。
かなり距離があるようなので行こうか迷いましたが,何故かこの日は元気があったようです。
2km近くはあるようですが,頑張って歩いていく事にしました。

Satton Bank,Yorkshire,England
b0178479_19433838.jpg

[PR]
by travelsketch | 2013-05-29 19:43 | ヨークシャー旅行記2006

ヨークシャー旅行記2006 26 サットン・バンク へ 

Satton Bank,Yorkshire,England
b0178479_18133813.jpg


順調に車は流れ,ピッカリングの街に戻りました。
簡単にお昼を済ませたかったので,ホテルの近くのケーキショップで,ペイストリーを適当に見繕いました。

クリームの部分はとてもおいしかったのですが,砂糖がけの部分があまりにも甘すぎます。
日本人の舌が繊細すぎるのでしょうか,それともイングランド人の舌が鈍感なのでしょうか。
いずれにしても完食できませんでした。

食後,少し落ち着いてから,“サットン・バンク”に出かけることにしました。
事前にヨークシャー州の観光局から取り寄せたガイド・ブックの表紙の次のページに,この“サットンバンク”の写真が使われていました。

バンクの端に腰掛け,その下になだらかに続く田園を見渡している写真でした。
実際にこの目で同じ風景を眺めてみたい,そして同じ所で時間を過ごしてみたい,そう思いました。

Satton Bank,Yorkshire,England
b0178479_18133756.jpg

[PR]
by travelsketch | 2013-05-28 18:13 | ヨークシャー旅行記2006

ヨークシャー旅行記2006 25 キャッスル・ハワード へ 

Castel Howards,Yorkshire,England
b0178479_9421243.jpg


ほぼ敷地内は全部回りました。そろそろ,戻る事にします。
来る時は良かったのですが,帰る時の事までは考えていませんでした。
結構な距離を歩いて,やっと駐車場まで戻りました。

それにしても,広大な敷地のお屋敷でした。
領地はこの何倍もある訳です。考えられないですね。


メインのエントランスをくぐるには,駐車場から車で数分行かなければなりません。
途中にはオベリスクも建っています。

このオベリスクに続く,うねうねとした道がとても気に入りました。
お屋敷の中を歩くのだけで疲れきってしまい,たどる事が出来ませんでしたが,一回ゆっくり歩いてみたいです。
今日みたいに天気の良い日は,ランチボックスを持って,ピクニックにちょうどかもしれません。
1日掛けてゆっくり時間を過ごしたいところですね。

Castel Howards,Yorkshire,England
b0178479_9432390.jpg

[PR]
by travelsketch | 2013-05-26 09:43 | ヨークシャー旅行記2006

ヨークシャー旅行記2006 24 Castle Howard へ 

Castel Howards,Yorkshire,England
b0178479_12211259.jpg


しばらく歩いて,やっとTemple に到着しました。
思ったよりこじんまりしています。

高台になっているため,非常に見晴らしがよかったです。
見渡す限りの土地全てが,ここの敷地なのでしょうね。

いたるところで,牛が草を食んでいます。
Lake Districtでは羊を多く見かけましたが,ここYorkshireでは牛を多く見かけます。
この違いは,どこから来るのでしょうかね。

羊の方が,見ていてかわいらしいですよね。
特に,顔黒の羊は愛嬌がある顔をしていると思いませんか。
それに対して,牛の無表情な顔に追いかけられたら恐怖を感じてしまいそうです。

とてものどかな風景が広がっていますので,しばらくたたずんで眺めていました。
今考えると,とても平和な時間でした。
しかし,もう二度と手に入れることが出来なくなってしまった時間でもあります。

Castel Howards,Yorkshire,England
b0178479_12215970.jpg

[PR]
by travelsketch | 2013-05-25 12:22 | ヨークシャー旅行記2006

ヨークシャー旅行記2006 23 Castle Howard へ 

Castel Howards,Yorkshire,England
b0178479_18581838.jpg


まだまだ敷地は広がっています。
もう一つの見所であるTEMPLEは,敷地の南端にあります。
そこまでは,まだかなりの距離があります。
しかしここまで来たからには,訪れない訳にはいきませんよね。

気分はWalkingです。
天気は良いし,このだらだらと続くいかにもイングランドらしい空間は大好きなので,その景色を見ながら歩いていくのはとても楽しいことです。

駐車場にはかなりの台数が止まっていた筈ですが,敷地が広すぎるせいでしょうね。
周りには殆ど人を見かけません。空間を独り占めすることが出来ます。

静かにたたずむ湖の脇を通り抜け,Promenadeに出ます。
等間隔に彫像が配置してありますので,飽きることなく歩き続けることができます。
これだけの空間を維持していくことは,並大抵の苦労ではないと思います。
ステートリー・ホームとして存在しなければならない理由が,分かる気がします。

Castel Howards,Yorkshire,England
b0178479_18581640.jpg

[PR]
by travelsketch | 2013-05-22 18:57 | ヨークシャー旅行記2006

ヨークシャー旅行記2006 22 Castle Howard へ 

Castel Howards,Yorkshire,England
b0178479_19165357.jpg


お屋敷からは,入った時とは反対側の出口から出ました。
すると,目の前に噴水が現れました。
今日も30℃を越えていますので,噴出す水が心地よく感じられてしまいます。
これだけ大掛かりな噴水を見るのは,初めてです。
そして,青い空と荘厳な建物を背景にして,この噴水はまさしくPicturesqueですね。

静かな空間に,水しぶきの音だけが響き渡っています。
あまりの素晴らしさのため,ここだけが異空間のように感じてしまいます。
建物も素晴らしいですが,この噴水は素晴らしすぎます。

これを見ただけで,ここを所有していた領主の権力の強大さを実感してしまいます。
普段過ごしている空間とは違う空間を体験するのが,旅行の目的です。

この空間を体験できただけでも,この旅行に来た価値がありますね。

Castel Howards,Yorkshire,England
b0178479_19171939.jpg

[PR]
by travelsketch | 2013-05-20 19:17 | ヨークシャー旅行記2006

ヨークシャー旅行記2006 21 Castle Howard へ 

Castel Howards,Yorkshire,England
b0178479_1026234.jpg


ガーデンを通り抜けてしばらく歩いて,やっとメイン・ホールに到着しました。
エントランスでもらったパンフレットによると,敷地はまだまだあります。
ほんの1/4程歩いただけです。どれだけ広い敷地なのでしょうか。
ちょっと呆れてしまいます。

代々続いていたカーライル伯爵の所有は,9代目で終わっているようです。
1930年代からは,ハワード家のファミリー・トラストが管理しています。

Simon Howardsという方の一家が,住まいされています。
住まいになっていますので,ステートリー・ホームと言えるのでしょうか。

キャッスル・ハワードのHPを見ると,冒頭にこの方の挨拶が掲載されています。
さて,この広大な敷地に住まいするのは,どの様な気持ちなのでしょうか。
この方の父親は,一代貴族に任命されています。いまだに貴族階級が存在するイングランドならではですね。

Castel Howards,Yorkshire,England
b0178479_10271796.jpg


Main House に入ってみます。
大きな入り口をくぐると,吹き抜けの広大なホールです。
華美な装飾や絵画に飾られている訳ではないのですが,それがかえって所有者の趣味のよさを感じさせます。
ホールから大きな入り口を通して見える広大な敷地の緑の芝生が,まるで映画の1シーンのようです。
私が気付かなかったのかも知れませんが,公開されている場所はGFの一部分でした。
やはり映画の撮影で度々使われているようです。
その撮影で使用したものが飾られています。
私は知らない映画ばかりでしたが,係の方は一生懸命説明してくれていました。

見学できる場所は少ないですので,すぐ見終わって屋外に出ました。
ホールはとても趣があって好きですが,それ以外はとても高い天井の建物の雰囲気が楽しめました。
[PR]
by travelsketch | 2013-05-18 10:27 | ヨークシャー旅行記2006

ヨークシャー旅行記2006 20 Castle Howard へ 

Castel Howards,Yorkshire,England
b0178479_10205793.jpg


しばらく庭園をお散歩していると,アジア系の団体さんがやってきました。
それまでの静かな雰囲気が,台無しです。

偏見ではなく,事実としてこの国の方々で公共心が欠けている人を多く見ています。
今回も見ていると,ちょっとそれはまずいのではないでしょうかと思うようなことをしでかしています。

それに言語の関係でしょうかね,声が大きすぎます。
香港に行った時には,至るところで喧嘩しているのかと思ってしまいました。
あれが普通の会話とは,到底思えないです。
一緒に歩いていると雰囲気が台無しになってしまいそうなので,ベンチに腰掛けて彼らをやり過ごすことにしました。

しばらくゆっくりしていたら,静寂が戻ってきました。
さっきまでが嘘のようです。
静謐を求めて田園地帯にやってきている訳です。
出来ればあのような人達とは一緒になりたくないですね。

Castel Howards,Yorkshire,England
b0178479_10254711.jpg

[PR]
by travelsketch | 2013-05-12 10:26 | ヨークシャー旅行記2006