写真で綴る旅行記

<   2013年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ヨークシャー旅行記2006 20 Castle Howard へ 

Castel Howards,Yorkshire,England
b0178479_9582672.jpg


大量に購入しましたので,一旦車に戻り,商品を置いてから中に入りました。
エントランスをくぐると,遥か彼方に建物が見えます。
広大な敷地です。
この日も30度を越える日でしたので,日陰も何もないところを歩いていくのはとても大変です。
ミネラル・ウォーターが進みます。

しばらく歩いていくと,右手に庭園が広がっています。
垣根で仕切られており,ある意味迷路のようです。
とても興味があったので,中に入ってみます。

時期的には7月中旬ですので,ちょっと遅いのかもしれません。
とくにバラは終わりかけていました。
既にローズヒップに成りかけているものも,見られました。

しかし,様々な種類の花が植えてありますので,今が盛りのものもあります。
炎天下ではなく,日が暮れかけている時間帯にこの庭園をお散歩したら,とてもよい雰囲気だったと思いま
す。
イングランドにさんさんと降りそそぐ太陽は,どうも合わない気がします。

Castel Howards,Yorkshire,England
b0178479_9592247.jpg

[PR]
by travelsketch | 2013-04-29 09:59 | ヨークシャー旅行記2006

ヨークシャー旅行記2006 19 Castle Howard へ 

Castel Howards,Yorkshire,England
b0178479_9273398.jpg


駐車場を出た所に,エントランスを兼ねた建物があります。
その中にはファームショップがありました。
かなり広いスペースを取っていろんな農業製品を展示してあります。

普段からスーパー巡りは大好きです。
ましてや,見るもの全て初めての海外。
私にとっては,宝の山に見えてしまいます。

ジャムや蜂蜜,マーマレードはもちろん,いろんな瓶詰めの加工品,肉製品が置いてあります。
また,泥が付いたままの,いかにも取り立ての野菜もあります。
何か見たことのない野菜もあります。
見ているだけでも楽しくなってきます。

ちょっとごつごつして見た目は悪いですが,野菜の美味しさが沢山詰まっていそうなものばかりです。
見た目は美しいですが,味が薄い日本の野菜と比べてしまいます。

Castel Howards,Yorkshire,England
b0178479_9284476.jpg


蜂蜜とジャムを買うことは今回の目的の一つです。
特に,乳化させた蜂蜜は,絶対買って帰るつもりです。
昨年訪れたコッツウォルズのホテル朝食で,試しにトーストに付けてみたらとても美味しく,嵌ってしまいました。
普通に日本で売っている透明な蜂蜜と違い,乳化しているため垂れにくく,ジャムと同じ感覚で使うことが出来ます。
そして,ちょっとシャリシャリした食感が,癖になります。

スプリング・ブロッサム,サマー・ブロッサム,そしてヘザーの3種類を購入しました。
ヘザーはちょっとくせがありましたが,慣れると逆に美味しかったです。

ジャムはチェリー,ブラック・ベリー,クランベリーなどの,あまり日本ではなじみのない素材のものを選択しました。
どちらかと言えばやわらかめのジャムでしたので,パンではなくヨーグルトソースとして使いました。
何れもおいしかったですよ。普通に日本でも,購入できるようになって欲しいものです。
[PR]
by travelsketch | 2013-04-28 09:28 | ヨークシャー旅行記2006

ヨークシャー旅行記2006 18 Castle Howard へ 

Castel Howards,Yorkshire,England
b0178479_10422971.jpg


今日はキャッスル・ハワードに向かいます。
ヨークとピッカリングの途中にありますので,昨日とは逆のルートをたどります。

A169を南下し,A64に入ります。
Maltonの街を過ぎた辺りから,西に入っていきます。
地図には道路番号が付いていないので,迷わないか心配していました。

しかし,分岐点にはきちんとキャッスル・ハワードの標識が立っています。
標識に従って西に入り8km程行って,更に次の分岐点にも標識がありました。
そこを南に3km程行ったら,到着です。

広大な駐車場ですが,かなり埋まっています。
近郊の方が多いのでしょうか。半分ピクニック感覚で来ているようです。
多くの人が集まっていますので,ホットドックの出店もあります。
こういった所で食べるのって,美味しく感じてしまいますよね。
帰りにちょっとつまんでみようかな。

Castel Howards,Yorkshire,England
b0178479_10422899.jpg

[PR]
by travelsketch | 2013-04-27 10:42 | ヨークシャー旅行記2006

ヨークシャー旅行記2006 17 Castle Howard へ White Swan Inn

White Swan Inn,Pickering,Yorkshire
b0178479_10334358.jpg


ここホワイトスワン・インでは,朝はCooked の朝食を出してくれます。
普通の卵とベーコン,ソーセージの他に,キッパーとハドックもあります。
どちらも捨てがたいのですが,キッパーにしました。
レモンをたっぷり掛けたキッパーを口にすると,U.K.に来たことを実感します。

トーストはホールブレッドの,もちろん薄切りが出てきます。
そのトーストに付けるジャムもいろいろありましたが,テーブルの上に載っていたマーマレードが飛び抜けて美味しかったです。

ふつうのマーマレードは味がきつくて食べれないのですが,これは違いました。
きつさを取り除いて,美味しさだけを残してあります。
思わず沢山つけて何枚も食べてしまいました。

前回のエールフランスと違って,今回のKLMのチケットは荷物の重量制限が+10kgの30kgです。
少し荷物にはゆとりがあります。出来れば何瓶か買って帰りたい位です。

White Swan Inn,Pickering,Yorkshire
b0178479_10322089.jpg

[PR]
by travelsketch | 2013-04-21 10:32 | ヨークシャー旅行記2006

ヨークシャー旅行記2006 16 ピッカリングの街へ White Swan Inn

Pickering,Yorkshire
b0178479_10241590.jpg


運転で疲れましたので,シャワーを浴びてから,一休みしました。

20:00過ぎに夕食に出かけました。
この街でAAのロゼットを取っているのは,このInnだけです。
もちろんここで取りました。
気取らないINNに内装は合わせていますが,なかなかよい雰囲気のダイニングです。

量が多そうでしたので,メニューをみて前菜を二つだけ頼むことにしました。
変則的な頼み方ですが,オーダーを取りにきた人は嫌そうな顔もせずに,快く受けてくれました。

一皿目はスペインでもないのに,ガスパチョを頼みました。
イングランドらしくない30度を超えた一日でしたので冷たいスープはぴったりです。
二皿目は,ウイットビーで水揚げしたコッドを使った,フィシュ・アンド・チップスです。
皿からはみ出すくらい大きなフィッシュが出てきました。
ぜんぜん油っぽくなく,カリッと揚がっています。
素朴ですが,美味しかったです。

特別なものは出てきませんが,普通の料理をちょっとおいしく出してくれるお店です。
[PR]
by travelsketch | 2013-04-20 10:24 | ヨークシャー旅行記2006

ヨークシャー旅行記2006 15 ピッカリングの街へ White Swan Inn

Pickering,Yorkshire
b0178479_1852956.jpg


街の西側に車を止めましたので,街を横断してA1036を通り,A64に抜けました。
街中では人があふれていましたので,その脇を通り抜けるのはちょっと怖かったですが,珍しく迷わないで
幹線道路に出ることが出来ました。

Maltonの街を過ぎたところで,A169に入り北上します。
スムーズに車は流れ,道に迷うこともなくピッカリングに到着しました。
予想よりも小さな街でした。

目差す“White Swan Inn”は,A169とA170が交わる地点から,少し幹線を外れた所に在りました。
非常に分かりやすかったです。
Innですのでそんな豪華ではありませんが,Family Run ですので暖かく,そしてよく手入れされた建物でした。
部屋もきれいな色使いで,そして清潔感と日光にあふれた広々とした部屋でした。
モダンテイストの部屋もあったようですが,Classic Inn Type の部屋で正解だったと思います。

Pickering,Yorkshire
b0178479_1855287.jpg


ホワイトスワン・インはAAでは ★★★ 81%,1 Rosettoに格付けされています。
また,このホテルは“Best Loved Hotels”に加入しています。
この後宿泊する“Judges”もここに加入していますし,去年湖水地方で宿泊した“Under Scar Mannor”も同様です。

ホテルの格は様々ですが,イングランドらしさを感じさせてくれるホテル,インばかりです。
暇な時はここのHPを眺めて,旅行した気分に浸っています。

いろんなオファーを出しており,今回は”3 for 2” オファーを利用しました。
2泊分で3泊出来ますので,通常120ポンドのところを80ポンドで利用できます。
美味しい朝食とこの明るく広々とした部屋が付いてこの料金は,とてもお得ですね。
働いている人達もみんな,明るくやさしい人達でした。
予想以上に良いInnでしたよ。
[PR]
by travelsketch | 2013-04-15 18:06 | ヨークシャー旅行記2006

ヨークシャー旅行記2006 14 ヨークの街へ 城壁

York,Yorkshire
b0178479_10252968.jpg


大聖堂はさっさと切り上げて,城壁部分に向かいます。
街並みに城壁が組み込まれており,とても街の雰囲気にマッチしています。
建物の高さを制限しているのでしょうね,城壁が建物の波に呑まれることなく存在感を保っています。
日本では,こうはいかないでしょうね。
看板やビルの波に呑み込まれて,存在すら気付かなってしまうでしょう。

城壁は,上に登ることが出来ます。
入ってみましたが,そんなに感動するようなものではなかったです。
城壁などは近くで一つひとつ見るより,遠くから街との調和,存在感を楽しんだ方が良さそうです。

時間も大分経ったので,駐車場に戻ることにしました。
途中,街並みを楽しみながら通り抜けました。
この街の雰囲気は,好きですね。
こういった街で,中世の雰囲気と一緒に暮らせたら。
それだけで楽しい日々を過ごせるでしょうね。

York,Yorkshire
b0178479_10321368.jpg

[PR]
by travelsketch | 2013-04-14 10:32 | ヨークシャー旅行記2006

ヨークシャー旅行記2006 13 ヨークの街へ York Minster

York Minster,York,Yorkshire
b0178479_12414328.jpg


ヨークミンスターに到着しました。
いろいろな街で大聖堂を見ていますが,一番清々しい印象を受けました。
イングランドでは,カンタベリー大聖堂に次ぐ格式があるそうです。

大聖堂は街一番の観光ぽいんとです。周りには沢山の人が取り囲んでいました。
しかし欧米の人達と違って,信仰心もそんなに持ち合わせていません。
そんなに興味がある訳ではありません。
しかし,ステンドグラスが有名のようですので,中に入ってみることにします。

入り口の部分は無料でしたが,その先のステンドグラスが良く見える場所に入るのは有料でした。
お金を払ってまで見る気がなかったので,そこで引き返してしまいました。

たいしたお金ではないと思いますし,教会への献金と考えれば良かったのかもしれません,
しかし,どうもだめです。

York Minster,York,Yorkshire
b0178479_12383174.jpg

[PR]
by travelsketch | 2013-04-13 12:38 | ヨークシャー旅行記2006

ヨークシャー旅行記2006 12 ヨークの街へ York Minster

York Minster 付近,York,Yorkshire
b0178479_1855412.jpg


Cavendish Antiques を出て,York Minster を目指します。
ヨーク大聖堂の手前で,チェロとバイオリンを弾いている人を見かけまた。
大道芸の人達は良く見かけるのですが,この人達のレベルはそれを超えていました。
きちんと音楽を勉強している人達なのでしょうか。

中世のような石畳の街に,チェロとバイオリンのとても澄んだ音色が響き渡っていました。
とてもこの街に合っています。
しばらく聴き惚れてしまいました。

日本では,よく地下道でギターを片手にガナリ立てている人達がいます。
日本の風景には,それはそれで合っていると思います。

しかし,このヨークの街には何と言ってもこの人達がぴったりです。
そして,このようなクラシック音楽が普通に生活に溶け込んでいる環境,そして文化が大好きです。

York Minster,York,Yorkshire
b0178479_186646.jpg

[PR]
by travelsketch | 2013-04-09 18:06 | ヨークシャー旅行記2006

ヨークシャー旅行記2006 11 ヨークの街へ Cavendish Antique

York Minster,York,Yorkshire
b0178479_20293526.jpg


このLittle Betteys の近くに,アンティーク・ジュエリーの店があります。
York Tourism のHPで見つけた,Cavendish Antiques というお店です。

このお店ではいろんなアンティークを扱っているようですが,ジュエリーが一番目を引きます。
新しいジュエリーも良いですが,いろんな歴史を経て現在にたどり着いているアンティーク・ジュエリー。
デザイン的にも,逆に斬新に感じてしまいます。

HPで見つけた品を探して3Fまでくまなく見てみたのですが,見つかりません。
実際に手にとってどの様なものか見てみたかったです。
Only One のジュエリーを探したかったのですが,残念ながら諦めることにしました。

他にもこの街では,ヨークシャー・デールのガイド本,さらに蜂蜜等の食料品を探すつもりでした。
しかし,蜂蜜等の食料品はYork Turism のHPによると,明日訪れるCastel Howard にもあるようです。
そこで購入することにします。

York Minster,York,Yorkshire
b0178479_20301952.jpg

[PR]
by travelsketch | 2013-04-08 20:30 | ヨークシャー旅行記2006