写真で綴る旅行記

<   2012年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ヴェネト州旅行記2011 2 リストランテ・レ・カランドレへ

Le Calandre , Sarmeola di Rubano , Veneto
b0178479_21372478.jpg


ミシュランの3つ星に昇格した次の年だった2003年。
それから8年が経って一番変わったのは,menu degustazione の値段でしょうか。
2003年は,確か€100前後でした。それが8年後には€225です。
倍以上に跳ね上がっています。

3つ星の格を維持するには,大変な経費が掛かるのでしょう。
パリ,Lucas Cartonのシェフ,アラン・サンドランスは,それを嫌って2005年に3つ星を返上しましたが,その気持ちが良く分かります。
しかし,いくら掛かろうともそれでも行ってみたい,そう思わせてくれるリストランテです。

因みに,ルキャ・カールトンは,20年以上前に佐原秋生の本で読んで以来,ずっと憧れていたレストランです。
一度は行ってみたいですね。

Le Calandre , Sarmeola di Rubano , Veneto
b0178479_21375650.jpg


ただ,抜け道は用意してくれています。
前回にmenu degustazione を食べた時。
20:00から食べ初めて,カフェを飲み終えて一息ついたときには24:00を回っていました。
そして,お腹がはちきれそうでした。

隣接する,Hotel il Maccaroni に宿泊でしたので,移動も楽でしたので,何とか対応できました。
ただ他にも,出来ることならあの状況だけは回避したい,そう思う人がいるのでしょうね。
estrazione として,menu degustazione から抽出したコースが設定してありました。
そして,値段設定も8割に落としてあります。

i grandi classici de Le Calandre の estrazione を頼むことにします。
[PR]
by travelsketch | 2012-01-31 21:41 | ヴェネト州旅行記2011

ヴェネト州旅行記2011 リストランテ・レ・カランドレへ

Le Calandre , Sarmeola di Rubano , Veneto
b0178479_13492330.jpg


今回の旅行のもう一つのメインイベントです。
ミシュランで3つ星を獲得して久しい,Le Calandre を8年振りに訪れます。

1991/12に母親が1つ星を獲得。
1993末(19歳)より,母から受け継いで“レ・カランドレ”のシェフとして指揮を執り始めます。
1996/12(22歳)に2つ星を獲得。2002/12(28歳)で3つ星を獲得しています。
私は,3つ星を獲得した次の年に,訪れています

ずっと行きたいと思っていましたが,やっと念願が叶います。

Le Calandre , Sarmeola di Rubano , Veneto
b0178479_13502867.jpg

[PR]
by travelsketch | 2012-01-29 13:50 | ヴェネト州旅行記2011

南チロル旅行記2011 79 ヴェネチアン・リビエラへ

Trento , Trentino-Alto Adige
b0178479_1381658.jpg


トレントを離れて,今日の目的地であるヴェネチアン・リビエラに向かいます。
もう15:30を回っています。宿泊地の Dolo までは200km,2時間ちょっとでしょうか。
到着予定は18:00を回った頃でしょうね。

ヴィラのオーナーからは,日中は留守にしており,戻るのは18:00近くである旨伝えられていました。
ちょうどよい時間帯に到着しそうです。
ただ,夜のレストランの予約を20:00で入れています。
シャワーを浴びたら,直ぐに出発しなければなりませんね。

Trento , Trentino-Alto Adige
b0178479_1385872.jpg


A22 , A4 の走行は,快適の一言です。
特にA4 は幹線だけのことはありますね。
片側3車線で,順調に飛ばすことが出来ます。
と言っても,真ん中の車線を130kmで走るだけです。
一番左端の車線は,ドイツ車が160km ぐらいで,かっ飛んで行きます
そこまで飛ばす気持ちは,まったくありません。

予想よりも時間が掛かって,18:30頃に到着です。
とても大きな敷地の,ヴェネチアン・ヴィッラです。
お屋敷はB&Bになっており,脇の建物はアパートメントになっています。
[PR]
by travelsketch | 2012-01-29 13:09 | 南チロル旅行記2011

南チロル旅行記2011 78 トレントで ドゥオモ広場にて

Trento , Trentino-Alto Adige
b0178479_1315635.jpg


ヨーロッパで見掛ける自転車のデザインが大好きです。
そして,街並みに良く似合っています。

きっと,日本で同じ自転車を見掛けても,同じ印象は持たないと思います。
この石畳の道路と,石造りの建物があるから素敵に見えるのでしょうね。

Piazza del Duomo , Trento , Trentino-Alto Adige
b0178479_1331130.jpg


前回の南チロル旅行でも結婚式を挙げた二人を見かけましたが,今回も広場で見掛けました。
前回はピンクのサンダーバードでしたが,今回は白のワーゲンです。
花嫁のドレスに,白の車体が良く似合っています。

そして,二人ともとても幸せそうです。
最高の瞬間ですね。

Piazza del Duomo , Trento , Trentino-Alto Adige
b0178479_1335081.jpg

[PR]
by travelsketch | 2012-01-28 13:06 | 南チロル旅行記2011

南チロル旅行記2011 77 トレントで フォン・コンシリオ城

Castello del Buon Consiglio , Trento , Trentino-Alto Adige
b0178479_22285397.jpg


ドゥオモ広場から,トレントの目的である,フォン・コンシリオ城に向かいます。
前回の旅行の時は,コインランドリーを求めてこの街に来ました。
この街は大きいから,きっとある筈だとの話を聞いて来ました。
ツーリスト・インフォで尋ねて,地図に従ってやっと到着し記憶があります。

道にも迷いましたし,それだけで精一杯でした。
ただ,きれいな街との印象はあります。

本当はこのお城も見たかったのですが,そんな時間はなく,次の目的地であるガルダ湖畔に急いだものでした。
今回こそは絶対見るつもりでこの街に来ました。

考えてみると,ホイバットやサンタマッダレーナ村など,みんなそのパターンです。

Castello del Buon Consiglio , Trento , Trentino-Alto Adige
b0178479_22295740.jpg


ただ,頑張ってきたのですが,感激は少なかったですね。
今回は,石造りのお城には,あまり反応しなくなっています。
去年のペリゴール・ノアールとは,大分違いますね。

中はトレンティーノ州立美術館になっているようです。
展覧会の告知が大きく出ていましたが,あまり興味を引きませんでした。
ドゥオモ広場に戻ることにします。

Castello del Buon Consiglio , Trento , Trentino-Alto Adige
b0178479_22303351.jpg

[PR]
by travelsketch | 2012-01-25 22:30 | 南チロル旅行記2011

南チロル旅行記2011 76 トレントへ ドゥオモ広場

Piazza del Duomo , Trento , Trentino-Alto Adige
b0178479_21423449.jpg


トレントも,やはりドゥオモの前には素敵な広場があります。
そして,この広場にはネプチューンの像が建っています。
ボルツアーノはその地に縁のある詩人でした。
それなら理解できるのですが,なぜ山の中でネプチューンなのか。
疑問詞が頭の中に一杯になりました。

Fontana del Nettuno , Trento , Trentino-Alto Adige
b0178479_2144253.jpg


そして,この二連窓と三連窓のある建物が,プレトリオ宮殿です。
ちょっと目を引く建物です。

Palazzo Pretorio
b0178479_21452021.jpg
, Trento , Trentino-Alto Adige
[PR]
by travelsketch | 2012-01-24 21:45 | 南チロル旅行記2011

南チロル旅行記2011 75 トレントへ ドゥオモ

Duomo , Trento , Trentino-Alto Adige
b0178479_2050259.jpg


ボルツアーノを離れ,トレントに向かいます。
A13とA22を通って,60km,50分程度の道のりです。

トレントは,前回の旅行の時に立ち寄り,コインランドリーを利用しています。
きれいな街並みだった思い出があります。
ただ,道に迷ってぐるぐる街を彷徨いましたので,あまり良い印象はありません。

今回も,トレントの街に近付いた時に,道路の案内板に Trento-Centro  のインターが閉まっている旨の表示がありました。
そのため,Trento-Nord で降りようとしたのですが,つい通過してしまい,Trento-Sud で降りました。
今回も,すんなりとはいかしてくれないようです。

Duomo , Trento , Trentino-Alto Adige
b0178479_20512799.jpg


仕方がないので,Centro を目指して進みます。
ジョバンニ・プラーティ通りまで進み,そこに車を止めました。
少し歩いたらドゥオモが見えてきました。

ボルツアーノと同じ様に,普通のイタリアの教会になっています。
南チロルの教会が懐かしいです。
やはりあの地域は,ドイツの文化圏だったのですね。

Duomo , Trento , Trentino-Alto Adige
b0178479_20515480.jpg

[PR]
by travelsketch | 2012-01-23 20:52 | 南チロル旅行記2011

南チロル旅行記2011 74 ボルツァーノへ ワルテール広場

Piazza Walther , Bolzano , Trentino-Alto Adige
b0178479_1173873.jpg

カフェでの一休みも終わりました。
今日はヴェネチアの先までの移動の日です。
そして,夜には今回のもう一つの目的,カランドレが待っています。
次の街へと移動することにします。

それにしても,このボルツアーノの街はとても印象が良いです。
それもこのワルテール広場の印象が良いからでしょうね。
イタリアは何処の街に行っても,街の中心に広場を見付けることが出来ますよね。
そして,夜になれば皆,そこに集まってくる。
広場があって,初めて街が成り立っている気がします。

Viale della Stazione , Bolzano , Trentino-Alto Adige
b0178479_11162088.jpg






viale della Stazione , Bolzano , Trentino-Alto Adige
b0178479_11165080.jpg

[PR]
by travelsketch | 2012-01-22 11:17 | 南チロル旅行記2011

南チロル旅行記2011 73 ボルツァーノへ  Stadt Cafe Citta

Stadt Cafe Citta , Bolzano , Trentino-Alto Adige
b0178479_1281292.jpg


ワルター広場に戻ってきました。
広場に面しているカフェで一休みすることにします。
あまり人が多くないけどきれい,という条件を,このStadt Cafe Citta は満たしてくれそうです。
Stadt Hotel Citta の1階にあります。

テラス席はそれなりに混んでいますが,室内にある席はそんなでもありません。
一番大切な条件を満たしていますので,このカフェに入ることにします。

Stadt Cafe Citta , Bolzano , Trentino-Alto Adige
b0178479_1294110.jpg


室内を選びましたが,外も見たいので,窓際のテーブルにつきました。
カフェラテもおいしかったですが,とても気に入ったのは,タンブラーです。

このタンブラーのスタイルとデザイン,そして白地を抜いて描いてあるところがとても気に入りました。
何個か購入したいと思ったくらいです。
ここでタンブラーが欲しいと思ったことが,夜のレストランでの行動に繋がっていきます。



Stadt Cafe Citta , Bolzano , Trentino-Alto Adige
b0178479_129673.jpg

[PR]
by travelsketch | 2012-01-21 12:10 | 南チロル旅行記2011

南チロル旅行記2011 72 ボルツァーノへ  エルベ広場

Piazza delle Erbe , Bolzano , Trentino-Alto Adige
b0178479_11495733.jpg


エルベ広場にでました。
両脇にはいろんな出店が立ち並んでいます。
といいますか,13:00を廻っていますので,皆さん後片付けの最中です。
毎日,こういった市が立っているのでしょうか。

スーパーに行かなくとも,毎日地元の新鮮な野菜を買うことが出来たら,豊かな食卓になるでしょうね。
もっとも,早起きする必要がありますけどね。
私にとっては,この点が一番の問題点です。

Piazza delle Erbe , Bolzano , Trentino-Alto Adige
b0178479_11504223.jpg


ボルツァーノの街は,何処を歩いたのか,あまり意識しないで歩いていました。
しかし,写真をGoogle のストリートビューがあると,追跡が可能ですね。

レノン通りに車を止め,スタツイオーネ通りを経由してドゥオモ,そこからゴエテ通りに入りエルベ広場を通る。
ポルティッチ通り,via Laurin ,を通り,ワルテール広場,そしてカフェ。
こんなルートだったようです。
[PR]
by travelsketch | 2012-01-21 11:50 | 南チロル旅行記2011