写真で綴る旅行記 my travel sketch

<   2011年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

南チロル旅行記2011 30 ガルデナ峠

b0178479_203586.jpg


ドッビアーコを後にします。
帰りにコルチナ・ダンペッツオに寄る予定でしたが,既に17:00近くになっています。
真直ぐ,今日の宿泊予定地を目指すことにします。
ナビに宿泊先のシャレーの住所をセットして,スタートします。

コルチナを経由するルートを選択すると思ったのですが,ナビが選択したのはE66でした。
南チロルに入ってから,一番良い道路でした。
そして,前回と同様にカステル・バディアの街からSS244に入ります。
以前は工事中だった道が,きれいに完成しています。
夜で,工事中で道が細く,とても寂しい思いをした道路が,見違えるように変わっていました。

それでも,ロンゲガの街を過ぎた辺りからでしょか,とても険しい道になってきました。
とても運転に気を使うようになってきました。
そして,とても懐かしい La Valle , そして前回の宿泊地 La Villa を通り過ぎます。
そこでは見覚えのある景色が広がっていました。
この場所に,また来ることができるとは思いませんでした。

コルバーラを過ぎると,一番の難所であるガルデナ峠に差し掛かります。
日光のいろは坂のスケールを,何倍も大きくしたような峠です。
前回は排気量が小さく,更にオートマでしたので,延々と続く大名行列を作っていました。
しかし,今回は少しだけ排気量がアップし,マニュアルでしたので,前回ほど難儀しないで通過することができました。
ちょっとだけほっとしました。

b0178479_20575427.jpg

[PR]
by travelsketch | 2011-11-30 20:39 | 南チロル旅行記2011 | Comments(0)

南チロル旅行記2011 29 ドッビアーコの街 クリスマス・ホーリー 

Dobbiaco , Trentino-Alto Adige , Italy
b0178479_21224420.jpg

街中で目に付いたのが,この小さな赤い実を成らせている木です。
葉の形から,クリスマス・ホーリーかと思いましたが,その通りでした。
緑と赤の対比と色使いが,いかにもクリスマスを感じさせます。

日本名は西洋ひいらぎです。
日本の柊と似た葉を持ちますが,日本の柊は金木犀の仲間でモクセイ科に属するようです。
そして西洋ヒイラギはモチノキ科で,全く違う科に属しています。

似て非なるもの,でしょうか。

Dobbiaco , Trentino-Alto Adige , Italy
b0178479_21231966.jpg

[PR]
by travelsketch | 2011-11-29 21:23 | 南チロル旅行記2011 | Comments(0)

南チロル旅行記2011 28 ドッビアーコの街 カフェで一休み 

Dobbiaco , Trentino-Alto Adige , Italy
b0178479_13554132.jpg


もう16:00を周ろうとしています。
カフェで一休みすることします。

エールフランスの夜便で,パリに着いたのが04:00過ぎで,ヴェニスに到着したのが,09:00過ぎ。
そこから,レンタカーで2時間ほど走り,ミズリーナ湖とドッビアーコを周って。
ずっと休みなしです。
我ながら,よく頑張れるなと,驚いてしまいます。
2日目以降に反動が出ないと良いのですが。

ホテル併設のカフェに入ります。
素朴だけど,小ぎれいなカフェです。
ケーキも置いてあるので,一緒に注文します。

前回のペリーゴールの時もそうでした。
朝ゆっくり起きてたっぷり朝食を取れば,お昼はカフェで軽く済ませた方が,快適に美味しくご飯を食べれるようです。
今回も,毎日このパターンでいきたいと思います。
旅行中の貴重な食事の回数を減らすのは,もったいない気もしますけど。

Dobbiaco , Trentino-Alto Adige , Italy
b0178479_13562637.jpg

[PR]
by travelsketch | 2011-11-27 13:57 | 南チロル旅行記2011 | Comments(0)

南チロル旅行記2011 27 ドッビアーコの街 

Dobbiaco , Trentino-Alto Adige , Italy
b0178479_2319040.jpg


ドッビアーコの街は,思ったよりも雰囲気の良い街でした。
きれいな建物と,飾られた花々。
澄んだ空気と,近くまで迫っている山々。
そして,小さく,コンパクトにまとまった街並み。

今回訪れた街々の中でも,一番好きになった街です。
教会の雰囲気も良いですし。

出来たら,泊まって,もっとゆっくり時間を過ごしてみたい空間でした。
ガイドブックには載ってないけど,素敵な街が南チロルには多いです。
今回訪れなかった場所で,次回はこうしようと思わせる所が多いですね。
次に訪れる時のルートが今回の旅行で,出来上がりそうです。

Dobbiaco , Trentino-Alto Adige , Italy
b0178479_23201765.jpg

[PR]
by travelsketch | 2011-11-25 23:20 | 南チロル旅行記2011 | Comments(0)

南チロル旅行記2011 26 ドッビアーコの街 ショップ

Dobbiaco , Trentino-Alto Adige , Italy
b0178479_21352690.jpg


COOPで購入した商品を,いったん車に置きに戻った後に見つけたお店です。
ちょっとアンティークっぽい商品を置いてあります。
置いてある商品も魅力的ですし,お店の設えも雰囲気があります。
何か,お気に入りのグッズが見つかりそうです。
お店に入って,色々探検してみます。

一番のお気に入りは,この柱時計です。
一時間毎に,どんな音色で時を知らせてくれるのでしょうか。
聴いてみたかったです。

そう言えば,大昔,未だパック旅行者だった頃,一緒のツアーの人が,鳩時計を何個も購入していました。
それを大きなバックにいれ,持ち歩いていたのを思い出しました。
同じ県の県警の会計隊に勤める人でした。
今頃,何しているのかな,彼は。

いろいろ探し回った挙句に,鹿の角が付いたペーパーナイフを購入しました。
3月にケンブリッジで,銀細工のペーパーナイフを購入してから,集めてみようかと思っています。
旅先で,いろんな種類のペーパーナイフを購入するのも,面白いと思いませんか。

Dobbiaco , Trentino-Alto Adige , Italy
b0178479_21255236.jpg


More
[PR]
by travelsketch | 2011-11-24 21:32 | 南チロル旅行記2011 | Comments(0)

南チロル旅行記2011 25 ドッビアーコの街 COOP

Dobbiaco , Trentino-Alto Adige , Italy
b0178479_1334141.jpg


いろんな街でCOOPを見掛けますが,この街のCOOPはいかにも南チロルらしい外観です。
白とパステルカラーの組み合わせ。
そして,看板を掲げるのではなく,壁面に直接描きこんだロゴや取り扱い商品。
この地方ならではすよね。

取りあえず,当座のミネラル・ウォーターとお土産用のパスタソースを買い込みます。
これから先,どこで見掛けることが出来るか分かりませんからね。
購入できる時に,少しずつ買い込むことにしています。

そして,お店の人はとても優しかったです。
僕の分かりづらい言葉を,一生懸命聞いてくれ,きちんと対応してくれました。
ありがとうございます。

Dobbiaco , Trentino-Alto Adige , Italy
b0178479_1345182.jpg

[PR]
by travelsketch | 2011-11-23 13:36 | 南チロル旅行記2011 | Comments(0)

南チロル旅行記2011 24 ドッビアーコの街 グスタフ・マーラー

Dobbiaco , Trentino-Alto Adige , Italy
b0178479_20524192.jpg


街中でマーラーの像を見つけました。
余り好きな作曲家ではないのですが,こんなに素晴らしい像です。
この街と,どんな関係があるのかとても興味を持ちました。

調べてみましたら,マーラーは,当時はオーストリア領だったトプラッハ,イタリア名がドッビアーコに夏の山荘を持っていたようです。
そこで,大地の歌,交響曲第9番を作曲しています。
1908年から09年に掛けてのことです。

それで,この街はマーラーを大切にしているのですね。
今度,CDでこれらの曲を聴いてみなくてはいけませんね。
きっとこれまでとは違った感情移入が出来るかもしれません。

Dobbiaco , Trentino-Alto Adige , Italy
b0178479_2054943.jpg

[PR]
by travelsketch | 2011-11-21 20:54 | 南チロル旅行記2011 | Comments(0)

南チロル旅行記2011 23 ドッビアーコの街 サンジョバンニ・バチスタ教会

Chiesa di San Giovanni Battista , Dobbiaco
b0178479_2314552.jpg


教会の中に入ってみます。
何処の教会に入っても同じことを感じます。
この時だけは,自分の行いを悔い改めよう,そう思ってしまいます。
賛美歌を聴けばその思いが倍化します。

そんな気に,一瞬でもなれるので,教会を訪れるのはとても好きです。
ここ1ヶ月に,2回お寺行われた葬儀に参列しました。
日本のお寺では,なぜ同じ気持ちになれないのか,ちょっと割り切れない気持ちになってしまいました。

この教会の内装や色使いは大好きですね。
そして,それを上手く写真に切り取ることが出来ました。
今回の旅行の写真の中で,好きな1枚の一つです。

Chiesa di San Giovanni Battista , Dobbiaco
b0178479_23144558.jpg


More
[PR]
by travelsketch | 2011-11-17 23:16 | 南チロル旅行記2011 | Comments(0)

南チロル旅行記2011 22 ドッビアーコの街 サンジョバンニ・バチスタ教会

Chiesa di San Giovanni Battista , Dobbiaco
b0178479_20593281.jpg


駐車場の近くには素敵な教会がありました。
南チロルで見る教会は,パステルカラーを使っていることが多いのですが,こんなにきれいなライムグリーンを使っているなんて。驚きです。

地球の歩き方には載っていませんでしたので,教会名は分からないままでした。
しかし,調べたところ”サンジョバンニ・バチスタ教会”でした。
キリスト教徒ではないので詳しくは分かりませんが,サン・ジョバンニは,フィレンツエやトリノの守護聖人のようです。
それとこの教会の名前に,どんな関係があるかは,全く分かりません。

今回の旅行は,街々にあるいろんな教会を巡ってみることが,1つのテーマに掲げています。
まず手始めに,この教会に入ってみることにします。

Chiesa di San Giovanni Battista , Dobbiaco
b0178479_21544731.jpg


More
[PR]
by travelsketch | 2011-11-15 20:59 | 南チロル旅行記2011 | Comments(0)

南チロル旅行記2011 21 ドッビアーコの街

Dobbiaco , Trentino-Alto Adige , Italy
b0178479_211438.jpg


ナビをマップモードに切り替えて,街中と思しき方面に走ります。
スタッイオーネ通りを戻り,線路を越えて,ドロミティ通り,サン・ジョバンニ通りと進みます。
メインの通りに出ましたので,駐車場を探します。
メインを1本外れた通りに駐車場はありました。

比較的広い駐車場です。
そして周りは普通の住宅街。
しかし,こんな素敵な家がありました。

デザインも素敵ですが,外壁の色にマッチした,咲き誇る花。
こんなに素晴らしい組み合わせの家は,始めて見ました。
これだけでも,この街の印象は最高です。


Dobbiaco , Trentino-Alto Adige , Italy
b0178479_2111353.jpg

[PR]
by travelsketch | 2011-11-14 21:13 | 南チロル旅行記2011 | Comments(0)