写真で綴る旅行記 my travel sketch

<   2011年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

イングランド旅行記2011 15 イングランドでの反応

Hotel Clivden , Taplow , Berkshire
b0178479_11285630.jpg


英語への耳慣らしの意味もかねてテレビをつけ,チャンネルをCNNに合わせてみます。
画面には,宮城の海岸沿いの映像と福島第一原発の映像が,交互に流れています。
反応としては,福島第一原発に対する危険意識が強く感じられました。
今となっては,正しい反応だったような気がします。

そして今回の震災は,こちらにも大きなインパクトを与えていたような気がします。

ユーロップカーで車を借りた時に,隣のHertz のカウンターの女性が,こちらを見て涙ぐんでいました。
そして,「あんな酷いことがあるなんて。私はとても悲しい・・・・。」と語りかけてきます。
terrible そしてsad という単語が耳に残っています。

イングランドにはどの様に今回の件が伝わってるとは思っていませんでしたので,初めは何を言っているのか分かりませんでした。
ユーロップカーのカウンターの人に訊いて,大きな地震と津波があっただろうと答えが返ってきて,初めて理解しました。
こちらにも,とても大きなインパクトを与えていたのですね。

Hotel Clivden , Taplow , Berkshire
b0178479_1130970.jpg


More
[PR]
by travelsketch | 2011-05-29 11:36 | イングランド旅行記2011 | Comments(0)

イングランド旅行記2011 14 チェコのBudweiser

Hotel Clivden , Taplow , Berkshire
b0178479_19322483.jpg


18:00前にはホテルに着く予定でしたが,渋滞の為に最早20:00近くになっています。
11時間のフライトの後,2時間以上の渋滞に巻き込まれての運転で疲れ切っていました。
早めに着けば「Hinds Head」に行きたかったのですが,そんな元気はもはやありません。

ルームサービスで済ますことにします。
頼んだメニューは,バーガーとカルボナーラ。
何故,イングランドでそのメニューなのか,不思議ですね。

20分位して,運ばれてきました。
ホテルの人がセッティングするのを見るのも楽しいものです。
手際の良さに感心してしまいます。
これを見るためなら,ルームサービスも良いものです。

Hotel Clivden , Taplow , Brekshire
b0178479_1936912.jpg


More
[PR]
by travelsketch | 2011-05-28 19:37 | イングランド旅行記2011 | Comments(0)

イングランド旅行記2011 13 ホテルクリブデン クラブルーム

Hotel Clivden , Taplow , Berkshire
b0178479_21135251.jpg


ホテルクリブデンの名前を知ったのは,敬愛する「さとなお.com」で読んだのが初めてです。
イングランドでは珍しく,LOVE !のお店だったからです。
貴族のお屋敷と最高のサービスを受けられる,そう絶対確信しました。

残念ながら,ミシュランの星1つを貰っていたレストランからは,星が無くなっていました。
ちょっと食事のレベルは低下しているかもしれませんが,もてなしのレベルは保たれているはず。
そう思っていましたし,実際に車で到着した時の対応だけで,確信が実感に変わりました。

宿泊した部屋のカテゴリーは,一番下のクラブルームです。
本館から左手に伸びる建物が,クラブルームの部屋になります。
一番下のカテゴリーでもこの広さです。
ちょっとカントリーっぽい内装,そしてウッドパネリング。
とても好きな色使いです。
欲を言えば,もう少し古さを感じさせて欲しいところです。

Hotel Clivden , Taplow , Berkshire
b0178479_21145446.jpg

[PR]
by travelsketch | 2011-05-27 21:15 | イングランド旅行記2011 | Comments(0)

イングランド旅行記2011 12 ホテル クリブデン

Hotel Clivden , Taplow , Berkshire
b0178479_21201432.jpg


夕方の時間帯でしたが,今日は平日です。
良く考えてみると,帰宅時間帯にロンドン近郊を走るのは,今回が初めてです。
かなり時間にゆとりを持って移動する必要がありそうですね。

ホテルに着いた頃には,すっかり暗くなっていました。
道路から少し入った所には,鉄の門があります。
インターホンで宿泊客である旨を伝えると,開けてくれます。
そこからしばらく入っていくと,館が見えてきます。
ホテルの人が2人,私たちの車を待ってくれています。

勿論,車から荷物を全部運びだしてくれますし,車はヴァレット・パーキングです。
この間の美山荘もそうでしたが,この対応はとても気分が高揚します。
よいホテルですね,ここは。

ロビーも素晴らしいものです。
やっと写真に文章が追い付いてきましたが,貴族のお屋敷そのままの雰囲気ですよね。
ハリー・ポッターの世界ですね。肖像画などは話し掛けてきそうです。

Hotel Clivden , Taplow , Berkshire
b0178479_21232720.jpg

[PR]
by travelsketch | 2011-05-26 21:23 | イングランド旅行記2011 | Comments(0)

イングランド旅行記2011 11 traffic jam on a highway

Hotel Clivden , Taplow , Berkshire
b0178479_23134322.jpg


欧米の道路の中で一番走り易いのは,イングランドの道路だと思っています。
幹線を走る分には,ナビは必要ないと思っています。
都市計画の担当も,イングランドの道路は優れていると認めていました。
これまで,幹線を走っている分には,とても快適で何の問題も生じていませんでした。

今回もジャンクション4からM4に乗り,快適に走り始めました。
しかしそれもつかの間でした。
4bでM25と交わり,M25からM4に流れ込む支線との合流点で問題が生じました。
時間帯が悪かったのでしょうか。支線と平行して走り始めた辺りから渋滞が生じ始めました。
殆ど動かなくなってしまいました。

一般道路に逃げたくとも,ジャンクションは通り過ぎたばかりです。
次のExitまでは諦めてM4を走るしか方法はありません。
exit6までの僅か14km程度の道のりでしたが,1時間以上掛かったでしょうか。
A355に降りてからも,渋滞は続き,通常は僅か30分の行程に2時間以上掛かってしまいました。

何と言うことでしょう。そして,渋滞は今回だけでは終わりませんでした。

b0178479_23143374.jpg
Hotel Clivden , Taplow , Berkshire
[PR]
by travelsketch | 2011-05-25 23:14 | イングランド旅行記2011 | Comments(0)

イングランド旅行記2011 10 やっと出発

Hotel Clivden , Taplow , Berkshire
b0178479_2110462.jpg


いろいろありましたが,やっと出発です。
機内では,映画版の「SP」を1本観て,後は熟睡。
ヴァージンのシートはちょっとキツ目でしょうか。
以前は出ていた,ハーゲンダッツのサービスもないし。
ちょっと嫌だったのは,ブランケットの繊維がシャツに着き易いことです。
到着後に気がつきましたが,シャツが赤く染まっていました。

いつもは迷うヒースローでしたが,今回は迷わずにユーロップカーのカウンターに到着です。
手続きを済まし,シャトルバスで営業所に向かいます。
大切なナビを借りて,車に向かいます。
車種は何かと訊いたところ,カテゴリー2にある車なら何でも乗れるとの回答でした。
対応は扱いは初めてです。

カテゴリー2に行きますと,様々な車が止まっています。
大きなワンボックスタイプから,ちょっとコンパクトな車まで。
けど乗りたい車は余りありません。
暫く迷った挙句,ヴァックスホールの車を選択しました。

ナビをセットしてスタートと思ったのですが,ナビがドイツ語の設定になっていました。
それを英語に修正してもらい,Hotel Clivden の住所をセットしてスタートです。
ホテルまでは20kmほど。何もなければ20分位で到着の予定でした。

Hotel Clivden , Taplow , Berkshire
b0178479_2155232.jpg

[PR]
by travelsketch | 2011-05-24 21:13 | イングランド旅行記2011 | Comments(0)

イングランド旅行記2011 9 こんな会社でした? ヴァージン・アトランティック航空

Hotel Clivden , Taplow , Berkshire
b0178479_22111524.jpg


所要時間は12時間を予想していましたが,それよりも2時間ほど早く,夜中の12時過ぎに成田に到着しました。
大変なことは大変でしたが,単なる移動だけではなく,あたかもゲームのようで十分楽しめた10時間でした。

次の日は少し早めに空港に向かいました。

ホテルでインターネットチェックインを行おうとしましたが,NRT-LHRの便だけがいつまで経ってもClose のままです。
どこでもインターネット・チェックインを取り入れているこの時代,それに対応していない航空会社って,それも日本便だけ対応していないって,どういう会社でしょうか。
この時,ヴァージンを利用することに,少し不安を覚えました。

フライングブルーはエリート資格がありますので,チェックインのとき便利ですが,ヴァージンはフライングブルーではありません。
あまつさえ,いつの間にかスターアライアンスでもなくなっていました。

そんなこんなで,いつもよりも1時間ほど早く,3時間半前には空港に到着しました。
他の航空会社は次々と手続きを開始しています。
それに対して,ヴァージンはずっと待たせたままです。どんどん列は長くなっていきます。ぐるっと1周するくらいになってしまっています。
係員はカウンターにいるのですが,いつまでも始めようとしません。
やっと1時間待った,2時間ちょっと前からチェックインを開始しました。
係員はずっと待機しているのに,何故こんなに待たせるのか。
こんな会社でしたでしょうか,ヴァージンは。
10年前は,とても印象良かったのに。この10年で何がこんな会社にしてしまったのでしょうか。

この時の対応で,もう一つ困ったことがありました。
ANAにマイレージを加算してもらったのですが,往路の分だけ息子たちは加算なっていましたが,自分は未だに加算なっていません。
復路の分は,カウンターで番号登録を確認してもらったのにもかかわらず誰の分も加算なっていません。
なんと低いのでしょうか,この会社の事務処理能力は。

アリタリア航空,エアーカナダに次いで3つ目の,絶対に使いたくない航空会社が出来てしまいました。

Hotel Clivden , taplow , Berkshire
b0178479_22193514.jpg

[PR]
by travelsketch | 2011-05-23 22:13 | イングランド旅行記2011 | Comments(0)

イングランド旅行記2011 8 長い道のり

Hotel Clivden , Taplow , Berkshire
b0178479_1104238.jpg


いつもは高速道路を,何も考えずにひたすら走り続けるだけです。
しかし今回はいろいろ考えて走る必要があります。

何と言ってもコース取りです。
どの道路を選択すれば,時間的に効率的に走れるのか。
1桁から3桁まで番号のついた道路が網の目のように走っています。
土地勘のある場所ですと自ずと答えは出てきます。
しかし,自分の県を出れば初めて走る場所です。
道路状況を勘案して,判断しなければなりません。

しかし,それが結構面白いのです。
今回は,須賀川から118号に逸れて水戸に向かいました。
この道路が,以外に走り易かったのです。
少しだけ4号を走り,石岡からまた51号に逸れていきました。

この判断することがとても楽しいです。
そして,その際に正確な情報を与えてくれる息子。
いつの間にこんなに成長したのでしょうか。
そのことが,とてもうれしかったです。

Hotel Clivden , Taplow , Berkshire
b0178479_1152391.jpg

[PR]
by travelsketch | 2011-05-22 11:05 | イングランド旅行記2011 | Comments(0)

イングランド旅行記2011 7  長い道のり

Hotel Crivden , Taplow , Berkshire
b0178479_11535128.jpg


2日掛かりでガソリンを満タンにして,やっと出発です。
しかし,帰りの分は確保できていません。
1週間でこの状況が好転するとは思えませんでした。
大戦中に,菊一号作戦で片道分の燃料を積んで出撃したとされる,戦艦大和のようです。

ガソリンが不足しているためなのか,いつもよりも車の数が少ないです。
そして,沿道のお店も閉まっているところが多く,静かなものです。
そして開いているガソリンスタンドは,全くと言って見かけることができません。
満タンにして出発して,本当に良かったです。
きっと道半ばにして,大和と同じ様に撃沈していたことでしょう。

Hotel Crivden , Taplow , Berkshire
b0178479_1155647.jpg

[PR]
by travelsketch | 2011-05-21 11:56 | イングランド旅行記2011 | Comments(0)

イングランド旅行記2011 6  長い道のり

Hotel Clivden , Taplow , Berkshire
b0178479_21175113.jpg



出発の前日,成田までの移動の日です。
新幹線は止まっていますし,高速は一般車両に対しては閉鎖したままです。
空港は被害を受けたため使用できません。
残された移動手段は,自家用車での一般道路を通っての移動です。

それも問題が残っています。
ガソリンが残り少ないことです。
成田までは勿論のこと,隣の県までも移動できないくらいです。

前々日と前日の2回に分けて給油し,やっと満タンに近くなりました。
2回目は15分で給油出来ましたが,1回目は2時間近く並びました。

1回目にもう一度給油しようと思って最後尾を探しましたが,どこまで行っても最後尾にたどり着きません。
唖然としながら,帰路に付きました。
あんな思いをすることは,きっと一生無いでしょうね。


Hotel Clivden , Taplow , Berkshire
b0178479_2119243.jpg

[PR]
by travelsketch | 2011-05-20 21:20 | イングランド旅行記2011 | Comments(0)