写真で綴る旅行記

<   2011年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ペリゴール・ノワール旅行記2010 68 ベイナック・エ・ガズナックの街 

b0178479_11545229.jpg


D703をもう少し走らせると,ベイナックの街になります。
道路沿いに info の看板が見え,そこに駐車場が広がっています。
かなりのスペースが取ってありますが,夏はきっと満車にでしょうね。
シーズンオフの今の季節だから,静かな時間を過ごせるのでしょう。
ちょっと寒いですが,この季節であったことを満足しています。

b0178479_11553353.jpg


More
[PR]
by travelsketch | 2011-04-30 12:00 | ペリゴール・ノワール旅行記2010

ペリゴール・ノワール旅行記2010 67 ベイナック城 

b0178479_21163072.jpg


ラ・ロック・ガジャックの街を離れ,少しD703を西に戻りベイナック城に来ました。
今回の旅行を始めるにあたり,イメージを膨らませた元にはJALの銀婚旅行のポスターがあります。

素敵なポスターだと思いませんか。
そして,このモデルになっている人が身に付けている雰囲気が,一つの目標です。
こんな雰囲気をまとってみたい。それを目的にずっと生きていきたいです。

今回の一つの目的が,このベイナック城を自分の目で確かめてみることでした。

b0178479_2117274.jpg

[PR]
by travelsketch | 2011-04-26 21:17 | ペリゴール・ノワール旅行記2010

ペリゴール・ノワール旅行記2010 66 ラ・ロック・ガジャックの街 

b0178479_21122223.jpg


ラ・ロック・ガジャックには洞窟住居も残っているそうです。
そこまでいかなくとも,この建物はどこまでが岩山で,どこまでが建物なのか分からない気がします。


b0178479_21125440.jpg


More
[PR]
by travelsketch | 2011-04-25 21:15 | ペリゴール・ノワール旅行記2010

ペリゴール・ノワール旅行記2010 65 ラ・ロック・ガジャックの街

b0178479_2115025.jpg

少し街を上ってみます。
雰囲気のある建物が続きます。
そして,建物の間から覘くドルドーニュ川が,また良いアクセントになっています。

街を全部見尽したとは思えませんが,見所が多い街です。
そして,川から遠くに見る街と街中に入ってみるのでは全然違って見えます。
同じ街ですが,二通りの楽しみ方がある,お得な街かもしれません。

b0178479_2116818.jpg


More
[PR]
by travelsketch | 2011-04-24 21:16 | ペリゴール・ノワール旅行記2010

ペリゴール・ノワール旅行記2010 64 ラ・ロック・ガジャックの街

b0178479_1139666.jpg

どんよりとした空と,この日から入り込み始めた寒気。
吹きっさらしの船上は更に寒く,体は凍えそうです。

クルーズを終えて,陸に上がります。
寒さに我慢が出来ず,お店に入ることにします。
カフェオレで体を暖めることにします。

その前に,お土産を売っているお店に入り,フィルムを探します。
ASO200ですが見つかりました。この微妙な感度のフィルム大好きです。
何で日本では100しかないのでしょうか。
ただ,最近EOS-1d markⅡを仕入れましたので,フィルム探しの心配はこの時で最後ですね。

フィルムの心配がないのは,とても良いことですね。
そして撮る枚数が飛躍的に向上します。
今回のイングランドでは,4日間で500枚以上撮りました。
逆に画像処理の手間が掛かるようになりますね。
Photo Shop も手に入れましたので,この処理の過程もまた楽しいものです。

b0178479_8375442.jpg


More
[PR]
by travelsketch | 2011-04-23 11:37 | ペリゴール・ノワール旅行記2010

ペリゴール・ノワール旅行記2010 63 ラ・ロック・ガジャックへ リバークルーズ カステルノー

b0178479_21144195.jpg


ラ・ロック・ガジャックの街は,川と岩山に挟まれた狭い場所に,それこそ山にへばりつくように広がっています。
ですから,道を歩くよりも,もう少し離れている川から眺めた方が全体が分かります。
ですから,このリバークルーズがある訳です。

ラ・ロック・ガジャックの街の雰囲気を楽しむには,リバークルーズは最適のようです。

船は,カステルノーが見えてきた所で,反転します。
これから先の航行は許可が出ないそうです。
もう少し先まで見てみたかったです。

それにカステルノーって,イタリア語で言うところの Castello Nord ですよね。
子音字を発音しないフランス語って,聴いただけではほんと分かりません。

b0178479_2115248.jpg

[PR]
by travelsketch | 2011-04-22 21:15 | ペリゴール・ノワール旅行記2010

ペリゴール・ノワール旅行記2010 62 ラ・ロック・ガジャックへ リバークルーズ

b0178479_22255816.jpg


ラ・ロック・ガジャックは,D703沿いにあります。
リバークルーズの乗り場も,すぐに見付けることができました。

ただ,問題が一つあります。それは,とても寒いことです。
昨日までは暖かかったのですが,一転寒気が入ってきたようです。
リバークルーズは川の上で,風にさらされます。
この日のお天気は悪条件でしたが,リバークルーズ自体はとても良かったです。

先日触れたユーラシア旅行社がツアーに組み込んでいるように,日本人の利用客も多いようです。
携帯の日本語のガイドを借りることが出来ました。
その語り口も当時を彷彿とさせるもので,とても良かったです。
雰囲気満点で楽しむことが出来ました。

b0178479_22264195.jpg

[PR]
by travelsketch | 2011-04-21 19:24 | ペリゴール・ノワール旅行記2010

ペリゴール・ノワール旅行記2010 61 ラ・ロック・ガジャックへ リバークルーズ

b0178479_2027776.jpg


旅行も5日目を迎えます。
今日は,ラ・ロック・ガジャックに向かいます。
ここも,「フランスの美しい村」の一つになっています。

トレモラからは40km,車で45分程度の道のりです。
途中の街で,カルフールを見つけました。
海外のマーケットで,色んなものを見つけることは,とても楽しいことです。
寄ろうとしましたが,お昼休みの時間帯でした。
残念ですが,帰りに寄ることにします。

b0178479_20244724.jpg

[PR]
by travelsketch | 2011-04-19 20:24 | ペリゴール・ノワール旅行記2010

ペリゴール・ノワール旅行記2010 60 Restaurant Le Vieux Logis 二晩目

b0178479_18371497.jpg


さて Le Vieux Logis での二晩目です。
今日はどんな料理が楽しめるのでしょうか。

とても目には鮮やかなお皿が続きました。
しかし,あまり印象に残っているお皿は少なかったです。

b0178479_2183759.jpg


唯一,最後の羊肉のお皿ぐらいでしょうか。
これは,お肉の美味しさに拠るところが大きいでしょう。
日本ではなかなかこの様なお肉に出会うことは少ないです。

牛肉はおいしいのに,なぜ羊肉に目を向けられることが少ないのでしょうか。
ちょっと残念です。

More
[PR]
by travelsketch | 2011-04-18 21:09 | ペリゴール・ノワール旅行記2010

ペリゴール・ノワール旅行記2010 59 Toremolat の街

b0178479_10513371.jpg


トレモラの街に戻りましたが,未だ明るいので少し街の中を散歩してみます。
また,持参のフィルムがそこを尽きそうでしたので,フィルムを扱う店を探してみます。

このトレモラはとても小さな街です。
街と言うよりも,集落の一つに過ぎないかもしれません。
レストランは数軒見つかりましたが,お店は殆ど見当たりません。

b0178479_1052352.jpg


それでも中心にきちんとした教会があるのは,流石キリスト教の国です。
小さな門をくぐり,中に入ってみます。

どうして教会の中に入ると,こんなに厳かな気持ちになってしまうのでしょうか。
いつもはそんな気持ちにはならないのに,祈りたい気持ちになってしまいます。
そして,この教会の中で一つの誓いをしました。

きっと,何百年との長い間の沢山の人達の気持ちがこの教会の中に籠もっているのでしょうね。
それがこんな気持ちにさせてくれるのでしょうか。

More
[PR]
by travelsketch | 2011-04-17 09:25 | ペリゴール・ノワール旅行記2010