写真で綴る旅行記 my travel sketch

<   2011年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ペリゴール・ノワール旅行記2010 39 コロン・ラ・ルージュへ 

b0178479_11442442.jpg


街中全部の家が,この赤い石で出来ています。
そうでない部分も,同色の赤に塗られています。
ある意味,テーマパークのいちアトラクションに迷い込んだようです。

これだけ徹底して同じ色にまとめている街は,初めてです。

b0178479_1144537.jpg

[PR]
by travelsketch | 2011-02-28 21:42 | ペリゴール・ノワール旅行記2010 | Comments(0)

ペリゴール・ノワール旅行記2010 39 コロン・ラ・ルージュへ サンチャゴ・コンポステーラへの道

b0178479_11494326.jpg


街に少し入ったところで,このホテルを見つけました。

建物の壁面一面に帆立貝の貝殻が描かれた,その名も ”Hotel St.Jacque ” です。
そしてこの近辺が,帆立の貝殻が目印になるサンチャゴ・コンポステーラへの巡礼の道のフランス側の出発点であったことを思い出させてくれました。

キリスト教徒ではありませんが,いつかはスペインまで辿ってみたい巡礼の道です。
退職して時間が出来たら,それまでの人生を振り返りながら何ヶ月か掛けてゆっくりと歩くのも,
きっとよいものでしょう。

ホテル・サンジャックには,良さそうなレストランも併設されています。
この赤い街で,夜を,そして朝を迎えてみるのも良かったかもしれません。
部屋は覘いていませんが,素朴そうですがとても雰囲気のあるホテルでした。

b0178479_11503285.jpg

[PR]
by travelsketch | 2011-02-27 11:13 | ペリゴール・ノワール旅行記2010 | Comments(0)

ペリゴール・ノワール旅行記2010 38 コロン・ラ・ルージュへ 赤い街

b0178479_11555169.jpg


コロン・ラ・ルージュは街の名前の通に,赤い家々が続きます。
この地方で取れる石が赤いのでしょう。
それを使った家々は,皆赤い家になります。
赤い街並みをみるのは,初めてみなります。

コッツウォルズの蜂蜜色,湖水地方の深緑色と同じ様なものですね。
その色を見ると,どの地方であるかが分かります。

下の家は,オートフォールの街で見掛けたものですが,よく見ると赤い石がちょうど良いアクセントになっています。
この様な使い方も面白いですね。

b0178479_1201318.jpg

[PR]
by travelsketch | 2011-02-26 20:45 | ペリゴール・ノワール旅行記2010 | Comments(0)

ペリゴール・ノワール旅行記2010 37 コロン・ラ・ルージュへ

b0178479_121342.jpg


オートフォールの街を離れ,コロン・ラ・ルージュに向かいます。
D704 で南下し,A89 に合流します。
A89 を東に進み,A20 に入り更に南下します。

ノアイユの街が近づいた辺りでD168に降ります。D38 を経由してコロン・ラ・ルージュに到着です。
道路沿いに最初に出てきた駐車場に入ろうとしましたが,入り口のゲートのくぐり方が分かりません。
諦めて少しD38 を進み,学校の脇にあった駐車場に車を止めて,街に降りていきました。

b0178479_122592.jpg

[PR]
by travelsketch | 2011-02-23 21:11 | ペリゴール・ノワール旅行記2010 | Comments(0)

ペリゴール・ノワール旅行記2010 36 オートフォールへ また来て三角,さよなら四角

b0178479_20554377.jpg

お茶も終わりました。
ちょっと一息つくことができました。
さて,気持ちを入れ直して,次の目的地「コロン・ラ・ルージュ」に向かうことにします。

街を抜けたところで,お城を振り返ってみます。
中に入らなかったので,絶対とは言えません。
オートフォール城を見るには,この街を抜けた辺りがベストポジションだと思います。
一番きれいにお城を見ることが出来ます。

このオートフォール城,ミシュラン・グリーンでは2つ星です。
美しいお城の姿を,十分楽しませてくれました。


b0178479_20564327.jpg

[PR]
by travelsketch | 2011-02-22 20:57 | ペリゴール・ノワール旅行記2010 | Comments(0)

ペリゴール・ノワール旅行記2010 35 オートフォールへ カフェで一休み

b0178479_21562492.jpg

街を歩いてちょっと疲れましたので,カフェで一休みします。
ちょうどお昼の時間帯でしたので,他のお客さん達は食事を取っています。
しかし,今日も遅めの時間にたっぷりの朝食を取っています。
カフェオレだけで十分です。

ペリゴール滞在中は,お昼を軽くする日々が続きました。
そのお陰か,毎日快調な食生活を送ることができました。
もしかしたら自分には,1日2食が合っているのかもしれません。

b0178479_21565779.jpg

ちょっとテラスのようになっているところに場所を取りました。
天井は葡萄の木でしょうか,蔓が走っています。
雰囲気は良いですよ。

高台にあるため,眼下には良い景色が広がっています。
おいしいカフェオレと素敵な景色,そして青空。
ゆったりするには,ぴったりの条件ばかりです。

入城の時間は合いませんでしたが,今日も良い一日になりそうです。
[PR]
by travelsketch | 2011-02-21 21:57 | ペリゴール・ノワール旅行記2010 | Comments(0)

ペリゴール・ノワール旅行記2010 34 オートフォールへ  ちょっとお散歩

b0178479_18462996.jpg



お城の中は,どんな感じだったのでしょうか。
庭園とかも整備されていそうでした。
とても天気の良い日でしたので,散策するには丁度良かったでしょう。

午後からの入城だけだと分かっていれば,昨日の午後に訪れる選択肢もあったはずです。
事前のリサーチをきちんとしなければ,やっぱり駄目ですね。
ここら辺が,個人旅行の限界です。

先ほど通り過ぎた,集落に戻ることにします。
お決まりのように,集落の中心に教会のような建物があります。
その前に駐車場がありましたので,そこに車を止めて散策してみます。




b0178479_18472239.jpg

ちょうどお城の真下に当たります。
建物の間から,丸い屋根の塔が見え隠れしています。
とてもよいアクセントになっています。

何百年とこの風景が続いているのですよね。
今でこそ,上下関係などないので,きれいだななどど呑気なことを言えますけど。
領主と領民の関係であったら,どんな気持ちで塔を見上げていたのでしょうね。

それにしてもこの壁の靴の形をした植木鉢,とっても良い感じですよね。
ここら辺の感覚がフランスですよね。
日本で同じ事をしても,街並みにそぐわないです。
[PR]
by travelsketch | 2011-02-19 18:47 | ペリゴール・ノワール旅行記2010 | Comments(0)

ペリゴール・ノワール旅行記2010 33 オートフォールへ  開場は13:00 から

b0178479_11465879.jpg

きれいに見える Chateau を通り過ぎて,街の中に入っていきます。
街と言っても,そんなに大きくはなく,村と言う感じです。

集落を通り過ぎても,Chateau の標識は先を示しています。
更に上を目指して上っていきます。
暫く行くと,広い芝生と城壁らしきものが見えてきました。
やっとオートフォール城の城門に着いたようです。

広い駐車場には,数台車が止まっています。
タープを貼り,のんびり日向ぼっこしている人達までいます。
なんか,いい感じです。
陸続きの場所に住んでいたら,車で移動して,こんな感じでのんびり,ゆったり時間を過ごしてみたいです。

これこそ,バカンスの過ごし方なのでしょうね。


b0178479_11474849.jpg
けど,何かのんびりしすぎている気がします。
城門から入っていく人も見当たりません。
おかしいな,と思って城門に近づいていくと案内板が目に入りました。

何と開場は13:00からです。まだ12:00を回ったくらいです。
この後今日のメインの訪問地である,コロン・ラ・ルージュまで移動する必要があります。
13:00の開場を待って,それから入場したのでは後が詰まってしまいます。

残念ですが,入場は諦めることにします。
[PR]
by travelsketch | 2011-02-16 11:47 | ペリゴール・ノワール旅行記2010 | Comments(0)

ペリゴール・ノワール旅行記2010 32 オートフォールへ  オートフォール城

b0178479_13245689.jpg

D5に戻り,東に向かって走り続けます。
D5はこれまでの道と違い,かなり車線が広くとても走りやすいです。
快調に10kmぐらい走ったでしょうか,やっと Chateau の標識が見えてきました。
かなり手前で脇道に逸れていたようです。

これでもう大丈夫だと思ったのですが,途中の分岐点をどっちに進むかの判断を誤ったようです。
かなり行ったところで引き返し,もう一つの道に入って行きました。
やはり,ナビの導きがないと,どこにも行けないようです。

初日で懲りたはずですが,同じ過ちをまたやってしまいました。

b0178479_18182441.jpg

お城はかなり高いところにありました。
暫く車を走らせて,やっと遠くに本で見た丸い屋根を持った塔が見えてきました。
きれいな青空に,いかにもフランスらしい屋根の色が映えています。
とてもきれいなお城です。
[PR]
by travelsketch | 2011-02-15 13:25 | ペリゴール・ノワール旅行記2010 | Comments(0)

ペリゴール・ノワール旅行記2010 31 オートフォールへ  気が付いたら農家の庭先

b0178479_14224283.jpg

大体の場所をナビにセットしてスタートします。
去年もモンサンミッシェルに行く時は,大体の住所でスタートしました。
いずれ見えてくるから,何とかなるはずです。
最初は,そう安易に考えていました。

オートフォールまでは50KM,約1時間の道のりです。
走り出して直ぐに,D78に入ります。少しして,番号も付いていない田舎道に入っていきます。
オートフォールの看板が出てくるまで,ずっと田舎道を走り続けます。

長閑な雰囲気は楽しめたのですが,肝心のオートフォール城の標識は全く見当たりません。
分岐点でどちらに進むべきか迷いましたが,自分の感覚で道を選びました。

進むにつれてアップダウンが激しくなり,それに伴い道幅が狭くなってきます。
何かおかしいです。道を間違った気がしてきます。

ついに道は行き止まり,普通の農家の庭と思しき所に出てしまいました。
今地図を見て推測するに,D5とクロスして Les Charraux の辺りに出ていたようです。
スペルは似ているのですが,全く違う所でした。
Chateau を探して Charraux に着いたようです。



b0178479_14235082.jpg

ちょうど配達の人が来ていたようで,住んでいる人が家の前に出ていました。
オートフォール城に行きたい事を伝え,道を尋ねました。
ちょと呆れたような表情になりましたが,丁寧に道を教えてくれました。

来た道を戻って,大きな道に出たら右折し,そこを真直ぐ進め,と言う指示でした。
いま地図で確認しましたが,D5に出て,そこを東に進むと良いようです。

庭先でUターンし,来た道を戻っていきます。
戻る時思いましたが,絶対こんな道がオートフォール城に続く道な訳がないですね。
来る時は,必死で気がつかなかったのでしょうね。

それにしてもフランスの人って冷たいイメージありますが,田舎の人は好い人ばかりですね。
パリ症候群と言う言葉を最近知りました。
けど,この地域では全く無縁の言葉だと思います。
[PR]
by travelsketch | 2011-02-14 14:23 | ペリゴール・ノワール旅行記2010 | Comments(0)