写真で綴る旅行記 my travel sketch

<   2010年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

南トスカーナ旅行記2007 36 シエナにて ポルタ・ロマーナ 

b0178479_20562117.jpg

シエナの宿はホテル・サンタ・カテリーナです。
これも,Eating in Italy に掲載なっていたホテルです。
Venere.comでも扱っていましたが,ホテルのHPには2/3程度のレートが出ていましたので迷わず手配しました。

車での移動です。城壁の中には入りたくありませんでした。
ホテルは,ポルタ・ロマーナのちょうど200mほど外,信号のある交差点の角にあります。
角を曲がった所を入れば,プライヴェート・パーキングもあります。

More
[PR]
by travelsketch | 2010-04-29 21:01 | 南トスカーナ旅行記2007 | Comments(0)

南トスカーナ旅行記2007 35 フィレンツエにて 

b0178479_2173397.jpg

さて,今日の目的は全て達成しましたので,車に戻ることにします。
大分疲れてましたし,距離も1.5km位はあります。
駅でタクシーでも拾おうかと思ったのですが,せっかくの機会です。
土地勘を養う意味でも歩いて戻りました。

More
[PR]
by travelsketch | 2010-04-28 21:15 | 南トスカーナ旅行記2007 | Comments(0)

南トスカーナ旅行記2007 34 フィレンツエにて サンタ・マリア・ノベッラ薬局

b0178479_20142277.jpg

ベッレ・ドンネを出て,サンタ・マリア・ノッベラ薬局に向かいます。
記憶に間違いが無ければ,映画“羊達の沈黙”の最後の方で,レクター博士がこの薬局に立ち寄っていたシーンがあったはずです。
薬局らしくないホールが映っていた記憶があります。

ベッレ・ドンネ通りとスパーダ通りの間のソーレ通りを駅の方に向かって歩いていき,街並みが古くなってきたと思う辺りにあります。
注意して歩いていないと,通り過ぎてしまいそうな入り口です。

人の気配が無いので,やっているのか心配になりながら中に入っていきました。
二つ目の扉を開けて中に入ると,ちょっと古めかしいけれど落ち着いた空間が広がっていました。
映画の雰囲気そのままです。

More
[PR]
by travelsketch | 2010-04-26 20:18 | 南トスカーナ旅行記2007 | Comments(0)

南トスカーナ旅行記2007 33 フィレンツエにて オステリア・ベッレドンネ

b0178479_21255167.jpg

オステリア ベッレ・ドンネはその名の通り,ベッレ・ドンネ通り沿いに位置しています。
しかし,その手前のスパーダ通りを,それと勘違いをして探し回っていました。
もう一回地図を良く見て,現在位置を確認し,やっと見つけました。

その為,ゆとりを持って訪れたつもりですが,14:00を回っています。
お昼も終わりの時間に近付いているからでしょう。テラス席は少しずつ片付けられ始めていました。

入り口のメニューを見ていたら,片付けていた人から声を掛けられました。
“何を注文するの。”。この旅行中はどこに行っても“ピチ”を頼もうと思っていました。
ただ,シエナ近辺のパスタですので,フィレンツエでは望む方が無理でした。

ひと言,“無い”。仕方が無いので,ベッレ・ドンネの名前の付いた,リゾットを頼みました。

More
[PR]
by travelsketch | 2010-04-25 21:30 | Comments(0)

南トスカーナ旅行記2007 32 フィレンツエにて ジェラテリア・カラーベ

b0178479_22391939.jpg

Gelateria Carabe というお店です。さりげない店構えですので,見過ごしてしまいそうです。
しかし,お店の中はお客さんでいっぱいでした。

入って右側のケースにはグラニテ,左側のケースにはジェラードが入っています。
いろんな種類のグラニテがありましたが,メロンのグラニテを注文しました。
このカップのサイズで2.2ユーロだったと思います。

一口含んでみます。冷たく,さっぱりとしたメロンのグラニテが,乾ききった体に滲みこんでいくのが分かるようです。
そして,メロンの味を生かしながら,上手にお酒や砂糖を加えてあります。
そのままメロンとして食べるよりも,ずっとおいしいメロンのグラニテに仕上げてあります。
結構量もありましたが,あっという間に完食しました。
これまで食べた中で一番美味しく思えたグラニテです。

More
[PR]
by travelsketch | 2010-04-24 22:45 | 南トスカーナ旅行記2007 | Comments(0)

南トスカーナ旅行記2007 31 フィレンツエにて 暑い日こそグラニテ

b0178479_21321253.jpg

刺すような強い日差しは,クーポラを浮かび上がらせてくれましたが,旅行者として過ごすには強すぎます。気温がどんどん上昇しているのが分かります。
おそらく38℃は越えていたと思います。こんな時はジェラートですね。

“イーティング・イタリイ”のフィレンツエのページには,1軒ジェラードのお店が載っていました。
正確に表現するとグラニテがお勧めでした。

Wikipedia によれば,ジェラートはアイスクリームに較べると,空気含有率が少ないため,密度が濃く味にコクがあります。
ただし,乳脂肪分が4~8%と低いためさっぱりとした味になります。
ペタペタしないから,暑い時期に食べても比較的おいしく食べられるのでしょうね。

More
[PR]
by travelsketch | 2010-04-23 21:32 | 南トスカーナ旅行記2007 | Comments(0)

南トスカーナ旅行記2007 30 フィレンツエにて 壮大なクーポラ

b0178479_20493321.jpg

上から人が降りて来ないのを見計らって,登っていきます。
人が来ない内に一気に駆け上がったつもりでしたが,私がそう思っただけで,しっかりすれ違ってしまいました。
お互いに横になって,やっとの思いですり抜けました。

階段を登りつめてやっと頂上に到着と思いきや,またまた普通の部屋に到着です。
階上は更にもう一階ほど階段を登ったところにありました。

上り切りますと,突然目の前が開けます。
それまで薄暗い階段を通っていましたので,目を刺すような太陽光線に目が眩んでしまいました。

青い空とテラコッタ色の屋根,そしてなんと言っても壮大なクーポラが目の前に広がっています。
素晴らしすぎるロケーションです。

More
[PR]
by travelsketch | 2010-04-22 20:50 | 南トスカーナ旅行記2007 | Comments(0)

南トスカーナ旅行記2007 29 フィレンツエにて ジョットの鐘楼

b0178479_21521080.jpg

狭い階段を黙々と登っていきます。
やっと二人が通れる位の空間ですが,どちらかが立ち止まって行き過ぎるのを待ってくれています。
みんな譲り合いの精神に溢れています。

しかし,中にはいくら譲られても無理じゃないの,という肉厚の人もいます。
壁面に顔を擦りつけながらやっとの思いで通り過ぎます。

More
[PR]
by travelsketch | 2010-04-21 21:55 | 南トスカーナ旅行記2007 | Comments(0)

南トスカーナ旅行記2007 28 フィレンツエにて サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂

b0178479_2136297.jpg

ドゥオモに登って,“冷静と情熱の間”の疑似体験をすることは諦めました。
しかし,同じ高い所からフィレンツエの街を眺めてみたい,そう考えました。
ジョットの鐘楼に列は出来ておらず,直ぐに入場することが出来ました。

今まで知らなかったのですが,ドゥオモ,ジョットの鐘楼そしてサンジョバンニ洗礼堂の3つを以ってサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂を構成するようです。

More
[PR]
by travelsketch | 2010-04-20 21:39 | 南トスカーナ旅行記2007 | Comments(0)

南トスカーナ旅行記2007 27 フィレンツエにて ドゥオモ

b0178479_22265190.jpg

ウフィツイを通り抜けドゥオモに向かいます。
直ぐ近くにあった記憶があり,おかしいなと思って路地を曲がった途端に目の前に現れました。
突然に現れた方が感激の度合いが強いですね。

前回来た時はかなりの部分が工事用シートで覆われていましたが,今回はほぼ全面的にその姿を拝むことが出来ます。

  

More
[PR]
by travelsketch | 2010-04-19 22:22 | 南トスカーナ旅行記2007 | Comments(0)