写真で綴る旅行記 my travel sketch

カテゴリ:アンダルシア地方旅行記2002( 32 )

アンダルシア地方旅行記2002 20 アンテケラ アルカサバからの眺望

b0178479_20171628.jpg

遙か彼方に,先程通り過ぎてきた岩山が見えます。
近くで見ると,唯の荒れた岩山でした。
ただ遠くから見てみると,中々良い感じです。

シエラネバダもそうでした。
このアンダルシアの旅では,彼方に臨む山々に惹かれるのもが多いです。

ところでこの岩山,見方によっては横にしたモアイ像の様に見えませんか。
一回,それを意識したら,ずっとそれにしか見えなくなりました。

どうですか。




More
[PR]
by travelsketch | 2009-09-25 20:17 | アンダルシア地方旅行記2002 | Comments(0)

アンダルシア地方旅行記2002 19 アンテケラ アルカサバ

b0178479_20232467.jpg

セント・メリー教会を離れ,アルカサバに向かいます。
途中に,ツーリスト・インフォメーションがありましたので,街の地図を貰いました。
これでやっと,何処を,どの様に歩いているのか分かるようになりました。
ただ,見ている人が問題です。
いつ彼女のブービー・トラップに掛かるか分かりません。
安穏とはしてられませんね。

ところで,アルハンブラ宮殿にもアルカサバはありました。
調べてみると,スペインではイスラム教徒が残した城塞のことを,アルカサバと呼ぶようです。

因みに城塞のことを,アラブ語では「カスバ」,ロシア語では「クレムリン」と呼ぶそうです。

More
[PR]
by travelsketch | 2009-09-24 20:26 | アンダルシア地方旅行記2002 | Comments(0)

アンダルシア地方旅行記2002 18 アンテケラ セント・メリー教会

b0178479_10332366.jpg
街中を歩いていて,一番惹かれたのがこのセント・メリー教会です。

持ち歩いていた日本語のガイドブックには,アンテケラ自体の記述がありません。
もう一冊のロンリー・プラネットには,アンテケラの記述はありました。
しかし,街の地図もありませんし,この教会の記述は抜けています。
旅行中は,教会の名前は分かりませんでした。

今回,ミシュランのWEB版で検索してみて,初めてこの教会の名前が分かりました。
旅行の復習って,必要ですね。
そして面白いです。
自分の足跡が何処に残っているのか,再確認することができます。

因みにミシュラン・グリーン版では,アンテケラにおいてこのセント・メリー教会だけが☆1つです。




More
[PR]
by travelsketch | 2009-09-23 10:33 | アンダルシア地方旅行記2002 | Comments(0)

アンダルシア地方旅行記2002 17 アンテケラ 白い街

b0178479_9421045.jpg

この頃Europcar に,まだナビは付いていませんでした。
そのため,ミシュランのWEBからプリントアウトした地図だけを頼りに進みます。
しかしながら,助手席のナビゲーターは,直ぐ現在位置をロストします。
何処を通ったのか良く覚えていません。
ただ,困った時は時々見えるCentroのサインに従って進みます。
いつの間にか,街中と思しき所に到着しました。




More
[PR]
by travelsketch | 2009-09-22 09:42 | アンダルシア地方旅行記2002 | Comments(2)

アンダルシア地方旅行記2002 16 アンテケラ 荒涼たる大地

b0178479_18455851.jpg

12/25,今日はアンテケラ,ロンダを目指します。
先ずは,A92に乗ります。セビリアまで続くこの道路。とても快調に飛ばせます。
目的地を変更してこのままセビリアに向かってしまおうか。
あまりにも快調で,下りたくなくなってしまいます。

コルドバに向かうA45を過ぎた辺りで,A343に下ります。
もう少しでアンテケラという所で,巨大な岩山に遭遇します。
まっ平らな大地に,突然出現します。




More
[PR]
by travelsketch | 2009-09-21 18:57 | アンダルシア地方旅行記2002 | Comments(0)

アンダルシア地方旅行記2002 15 コルドバ バルでパエージャ

b0178479_1959884.jpg
お昼の食事に当てにしていた,「赤い馬」もお休みでした。
他には,特にレストランの持ち合わせが在りませんでした。
仕方がないので,適当にバルにでも入ることにします。

バルでよく見かける,冷凍パエージャの看板が立っているお店にします。
冷凍パエージャとして,あまり評判は良くなかったようです。
しかし,それなりに食べられましたよ。

3つ星レベルのホテルに,併設されたバルでした。
しかし雰囲気は,如何にもアンダルシアの田舎っぽくてよかったです。
無理して高いレベルを求めるよりも,こういった雰囲気に浸る方が向いているのかもしれません。

段々,旅行の指向性が変わって来ているのかもしれませんね。




More
[PR]
by travelsketch | 2009-09-20 13:25 | アンダルシア地方旅行記2002 | Comments(0)

アンダルシア地方旅行記2002 15 コルドバ ユダヤ人街とパティオ

b0178479_11512125.jpg
メスキータもアルカサールも駄目。
あと残されたのは,ユダヤ人街でしょうか。
これは普通の街並みを見るだけですので,クローズはありません。

ユダヤ人街で一番印象に残ったのは,このパティオでしょうか。
白い壁の間から覗く緑豊かなパティオ。
素敵ですね。

どの家でも力を入れているようです。
確か,コンテストも行っていた記憶があります。
そういった張り合いが在れば,地元の人達も益々気合が入りますよね。

どのパティオが1位になったかは知りません。
しかし,このパティオもなかなかでしょう。




More
[PR]
by travelsketch | 2009-09-19 11:51 | アンダルシア地方旅行記2002 | Comments(0)

アンダルシア地方旅行記2002 14 コルドバ アルカサール

b0178479_18273131.jpg

後悔たっぷりの気分でメスキータを後にして,アルカサールに向かいます。
ここは初めて訪れます。
開いていることを期待したのですが,やはり駄目でした。
そして,ここはメスキータよりもっと悔しかったです。
何故ならば,午前中は開いていたようです。それも,たった数分前まで。

真っ直ぐにアルカサールを目指していれば,間に合ったのかもしれません。
それを思うと,メスキータの何倍も悔しくなってきます。

ただそれでも,このドアノッカーを見れただけでも良かったです。
いろんな所でドアノッカーを見るのが楽しみですが,一番好きなノッカーです。
こんなノッカーが似合う門を持った家に住んでみたいです。




More
[PR]
by travelsketch | 2009-09-18 18:34 | アンダルシア地方旅行記2002 | Comments(0)

アンダルシア地方旅行記2002 13 コルドバ メスキータ

b0178479_2042193.jpg
コルドバと言えば,メスキータでしょう。
と言うことで,先ずはメスキータに向かいます。
このメスキータ,8世紀の後ウマイヤ朝の時代に作られています。
後ウマイヤ朝,とても懐かしいフレーズです。
世界史は好きでしたね。
今もwikiで世界史を辿るのが,格好の暇つぶしになっています。

このキリスト教系建築物には,見られないような色使いと曲線が大好きです。
今回で3回目になります。
これまでは,その都度感銘を受けて帰っています。




More
[PR]
by travelsketch | 2009-09-17 19:00 | アンダルシア地方旅行記2002 | Comments(0)

アンダルシア地方旅行記2002 12 コルドバへ

b0178479_2195567.jpg
ラ・ボバディージャは敷地も広く,施設も整ったリゾートとしても楽しめます。
勿論寒くてプールは無理ですが,プールサイドには卓球台が置いてあります。
フロントでラケットと球を借りて,急遽卓球大会の開催です。
以外に下の子が上手で驚きました。
延々と何時間も卓球を続けていました。

遠くにシエラネバダと思しき山々を見ながら,このアンダルシアの地で卓球に興じる。
何て変な時間を過ごしたのでしょうか。
けど,とても楽しかったです。
それにしても,アンダルシアと卓球。
結びつきが,全く見えません。

次の日は,クリスマスイブです。
この日はコルドバを目指します。
メスキータは必見でしょう。
アルカサールやユダヤ人街も楽しみです。
お昼は,赤い馬にも寄ってみたいです。




More
[PR]
by travelsketch | 2009-09-16 20:57 | アンダルシア地方旅行記2002 | Comments(0)