写真で綴る旅行記

カテゴリ:湖水地方旅行記2005( 28 )

湖水地方旅行記2005 18 ケズウィック ウォーキングは楽し

Keswick , Cumbria , England
b0178479_2282189.jpg


やっと丘陵部を抜け市街地に入ってきました。
ほっとしますね,平坦な道路は。

家々を見ていると,庭がとてもきれいです。
ウォーキングも盛んですが,ガーデニングも皆さん好きなのでしょうね。
庭を造るのはもちろん,上手に花を邸宅の装飾に取り入れていますよね。
日本でも取り入れているお宅を少しずつ見かけるようになりましたが,さすがにこちらの方は飾り方が上手です。

途中で見かけたゲストハウスは,外壁を構成する石の緑色とレンガの茶色,そして花々の色と木々の緑の葉が上手にグラデーションしています。
とても気になってしまいます。

なんでもない普通のゲストハウスで,この雰囲気を醸し出している訳です。
ホテルフリークにはたまりませんね,イングランドは。

Keswick , Cumbria , England
b0178479_2264947.jpg

[PR]
by travelsketch | 2012-12-21 22:09 | 湖水地方旅行記2005

湖水地方旅行記2005 17 ケズウィック ウォーキングは楽し

Derwent Water , Keswick , Cumbria
b0178479_18505283.jpg


ヘザーの咲いている場所を通り過ぎると,コースとしてはほぼ終盤戦に入っていきます。
それにしても,皆さん歩くのが好きですよね。
中にはベビーカーを押している人まで見かけました。

コースの途中では,足元が不確かな場所もありました。
そこも通っていくのかと思うと,ひとごとながら心配になってしまいます。

日本でも山歩きを趣味にしている人も,結構いると思います。
しかし,残念ながら一部の人達に限定されていますよね。
それに対して,こちらでは誰でも楽しんでいますよね。
そして,誰でも楽しめるように通行権も確保されていますし,PUBLIC FOOTPASSも至るところに造られています。

Derwent Water , Keswick , Cumbria
b0178479_18511357.jpg

[PR]
by travelsketch | 2012-12-18 18:51 | 湖水地方旅行記2005

湖水地方旅行記2005 16 ケズウィック ヘザーの赤い花

Keswick , Cumbria , England
b0178479_13172236.jpg


暫く行きますと,ダーウェント湖が眼下に広がってきました。
残念ながら心持ち雲が多くなってきており,日も翳ってきました。
もう少し天気が良ければ湖面の色が映えたと思うのですけれど。

ここら辺で行程の半分くらいでしょうか。
既にスタートから4時間が過ぎています。
ちょっとしたウォーキングのつもりでしたが,一日掛かりの一大イベントになってしまいました。

遠くの方に,赤くなっている所が見えてきます。
ヘザーの花が咲いているのでしょか。
一面のヘザーの海を期待していたのですが,そこまでは行ってませんでした。
それでも,荒涼たる中部イングランドの代名詞であるヘザーの咲いているところを見れたので,とても満足でした。

Keswick , Cumbria , England
b0178479_13174938.jpg

[PR]
by travelsketch | 2012-12-16 13:19 | 湖水地方旅行記2005

湖水地方旅行記2005 15 ケズウィック ウォーキングは楽し

Keswick , Cumbria , England
b0178479_1053320.jpg


B&Bの前を通り過ぎると,放牧場に出ました。
迂回すると時間が掛かりそうでしたので,真ん中を突っ切って行く事にしました。
所々に柵を乗り越えるための足場を作ってあります。
そこから中に入って行きました。

そのとたんに,鋭い視線を感じました。
何頭かの牛が放されています。
その中のボス的な牛なのでしょうか。
周りの牛達の無関心さをよそに,じっとこちらに視線を飛ばしています。
ちょっと怖いですね。

羊ならば対応できそうですが,あれだけ大きな牛に突っ込まれてしまったら大変です。
スペインでもないのに闘牛になってしまいます。

刺激しないように,注意して通り抜けていきました。
ゆったりとしたウォーキングで,こんなにスリリングな体験が出来るなんて。
思いもしませんでした。

Keswick , Cumbria , England
b0178479_10541657.jpg

[PR]
by travelsketch | 2012-12-15 10:54 | 湖水地方旅行記2005

湖水地方旅行記2005 14 Keswick ウォーキングは楽し

Keswick , Cumbria , England
b0178479_183271.jpg


暫く歩いていくと,中間地点であるストーン・ブリッジに到着しました。
確かにフォトジェニックではありますが,普通の石橋です。
もし車でここを訪れたなら,何の感動もないでしょうね。

しかし,2時間近く時間を掛けて歩いてきた後で目に入ってくる物は,感激ひとしおです。
流れる水はとてもきれいで,川の回りでは大勢の人達が一休みしています。
ミネラルウォーターのボトルを持ってきていましたので,それで喉を潤します。
ただの水ですが,とても美味しく感じます。

なだらかな丘になっているのでしょうね。
ストーン・ブリッジの向こうに,ダーウェント湖や小高い丘が見えています。
ウォーキングで此処まで来てほんとによかったと思いました。

Keswick , Cumbria , England
b0178479_18324332.jpg


一休みを終えて,いよいよ小高い丘の部分に入って行きます。
後で考えてみると,ここで引き返してもよかったのですが,高い所からダーウェント湖を眺めてみたいと思いました。
それに加えて丘の上の方にはヒースの花が咲いていると,ルートマップには書いてありました。
是非それを間近で見てみたかったのです。

しばらく丘の麓に沿って歩いていきます。
途中で道なき所を登っている人達がいます。
マップからすると,確かにそこから登るのが最短距離のようです。
しかし我々はそこから登るのは無理と判断し,もう少し遠回りすることにしました。

丘の中腹にあるB&Bを目標に登っていきます。
後にも先にもお店らしきものは無さそうでしたので,休憩をとりたかったのです。
しかし,残念ながらそんな雰囲気の所ではありませんでした。
[PR]
by travelsketch | 2012-12-13 18:34 | 湖水地方旅行記2005

湖水地方旅行記2005 13 Keswick  ダーウエント湖

Derwent Water , Keswick , Cumbria
b0178479_214691.jpg


この動物はなんと言う名前なのでしょうか。
普通に羊達に交じって草を食んでいました。初めて見ました,こんな動物は。
もちろん草食がゆえとても大人しいです。
このふさふさとした毛が目的で,放牧しているのでしょうか。

2時間ほどゆっくり時間を掛けて湖の周りを回った後は,幹線を横切って丘の方へ向かいます。
メジャーなルートを選んだからでしょうか,人が切れ目なく歩いています。
皆さん,ほんとに歩くのが好きですね。

ピンポイントでスポットを見て回る観光ではなく,自然を楽しむには,歩いて回るのが一番かもしれません。
一応ルートマップは見ていましたが,前の人に付いて歩いているだけでした。
それだけ沢山の人がウォーキングを楽しんでいる,ということですね。

Derwent Water , Keswick , Cumbria
b0178479_21464195.jpg

[PR]
by travelsketch | 2012-12-11 21:47 | 湖水地方旅行記2005

湖水地方旅行記2005 12 Keswick  ダーウエント湖

Derwent Water , Keswick , Cumbria
b0178479_1385321.jpg


のんびりとした,それでいて上等の時間が流れています。
ウォーキングのコースは,1周約4時間のコースです。
この先はとても長いはずなのですが,ついゆっくりとした雰囲気に取り込まれてしまいます。

湖と青い空。そして,木々が生えていないため形がそのまま出ている丘。
イングランドでも大分北に来ているので,スコットランドの景色に近付いているのでしょうか。
2000年に,ハイランド地方を回った時によく見かけた景色でした。

ゆっくりとした時間が流れています。
その中をあくせく歩いていくのは合わない気がします。
子供達は,羊の後を追っかけて遊んでいます。
日本ではよく公園の鳩を追っかけて遊んでいますが,羊のリアクションの方が面白いです。

Derwent Water , Keswick , Cumbria
b0178479_1391816.jpg

[PR]
by travelsketch | 2012-12-09 13:09 | 湖水地方旅行記2005

湖水地方旅行記2005 11 Keswick  ダーウエント湖

Derwent Water , Keswick , Cumbria
b0178479_11222612.jpg


まず,ダーウェント湖の周りを回ります。
その前に,湖畔にあったレストルームで小休止。

ただ,その造りにちょっとびっくりしました。
仕切りも何もなく,ステンレスを貼った壁があるだけです。
そして,その下に溝が作ってあるだけです。

日本でも30年位前には見かけましたが,今ここでこれに再開するとは思いませんでした。
恐るべしイングランド。
息を止め,早々に逃げ出しました。
周りの景色とはあまりにも対照的すぎます。
あまり思い出したくないものです。

そういえばもう一つ。
羊が普通に放し飼いになっているので,至る所に固まりが転がっています。
それを踏まないように,周りをよく見ながら歩かなければなりません。
ある意味,どこに埋設してあるか分かる地雷原を歩いているような気持ちですね。

Derwent Water , Keswick , Cumbria
b0178479_11225083.jpg


イングランドにしてみれば上々の天気でした。
気温も高いので,皆さん思い思いの格好でくつろいでいます。

イングランドの人達って,こうやって自然と交わるのが好きなのだと思います。
街中よりも,こういった自然の中で過ごしている人達が多いのではないでしょうか。

そして,よそから来た観光客よりも地元の人達が多いのかなと思います。
自分達の地元の自然を愛し,それと馴れ親しんでいるのでしょう。

ガーデニングも盛んのようですが,自然と交わるウォーキングが,老若男女誰でも楽しめるスポーツとして広まっているのでしょうね。
どこのツーリストインフォメーションに行っても,必ずウォーキング・マップが準備してあります。
[PR]
by travelsketch | 2012-12-08 11:23 | 湖水地方旅行記2005

湖水地方旅行記2005 10 Keswick へ

Keswick , Cumbria , England
b0178479_18143165.jpg


建物の多くがこの地方で産出される石を使っているからでしょうか,緑色っぽい建物が目立ちます。
とてもきれいな,整った街とのイメージを受けました。
思ったより観光客で賑わっています。そして,品の良さそうな観光客が多いです。

湖水地方北部の観光の中心地であると思いますが,日本のガイドブックでは冷たい扱いを受けているようです。
お陰で湖水地方北部滞在時は,日本の方にお会いすることなく過ごせました。

せっかく日常生活から逃避しているのに,観光バスから大量に降りてくる日本人に会った日には,すっかり現実に引き戻されてしまいますからね。
その意味からすれば,日本のガイドブックからは,いつまでも冷たい扱いをして欲しい場所です。

Keswick , Cumbria , England
b0178479_1815469.jpg

[PR]
by travelsketch | 2012-12-06 18:15 | 湖水地方旅行記2005

湖水地方旅行記2005 9 Keswick へ

Underscar Manor ,Keswick ,Cumbria,England
b0178479_20204459.jpg


2日目の朝,今日もまあまあの天気です。
ここアンダースカー・マナーでは連泊のプランを利用しましたので,料金が割り引かれています。
その分一つ上のグレードに部屋を上げましたので,とても広々として,イングランドらしい内装の部屋でした。

大きな窓からの眺めも良く,庭の大きな木ではリスが遊んでいます。
湖も眼下に広がっています。
いかにもCountry Hotel らしいシチュエーションですよ。

朝食は夕食と同じ場所で取ります。
1日目ですので,普通のイングリッシュ・ブレックファストを選択します。
ベーコンがとてもワイルドな感じで,食べ応えがあって美味しかったです。

勿論トーストは見事に薄く,そしてカリカリに仕上がっています。
イングリッシュブレックファストとしては,完璧に仕上がっています。

Keswick , Cumbria , England
b0178479_20233397.jpg


今日は,まず車でKeswickの街に向かいます。
駐車場に車を止め,パーキング・チケットを購入し,ダッシュボードの上に起きます。
とりあえず,3時間分を購入しました。

今日は,ダーウェント湖の周りでウォーキングを楽しむ予定です。
ウォーキングのコースについての資料を手に入れるため,マーケット・プレイスにあるツーリスト・インフォメーションに向かいます。

インフォメーションには,いろいろなコースが準備してありました。
その中で4時間程度のコースを選択し,コースを書いてあるパンフレットを£1で購入しました。

また,ここでは面白い物を見つけました。
それぞれ,絵柄が犬や猫,鳥だけで構成しているトランプです。
私は犬の絵柄を選びましたが,猫や鳥の絵柄も面白そうでした。
その後,行く先々で同じトランプを探しましたが,同じものと出会うことはありませんでした。
まとめて買っておけばよかったです。
[PR]
by travelsketch | 2012-12-05 20:24 | 湖水地方旅行記2005