写真で綴る旅行記

カテゴリ:ヴェネト州旅行記2011( 54 )

ヴェネト州旅行記2011 13 ヴェネチアで Rio marin

Venezia , Veneto
b0178479_17341715.jpg


この記事を書くにあたって,地図をきちんと見直ししてみました。
Canal Grande 大運河 の名前は当然頭には入っていました。
しかし,その他の細かい運河は canal ではなく rio 小運河 なんですね。

スカルツイ橋を渡った後は,Rio Marin 沿いに歩き始めました。
リアルト橋を目指して歩きます。
ただ今考えると,アカデミア橋を目指して歩いても良かったかもしれませんね。

Venezia , Veneto
b0178479_17344611.jpg




Venezia , Veneto
b0178479_17351849.jpg




Venezia , Veneto
b0178479_17354347.jpg

[PR]
by travelsketch | 2012-02-18 17:36 | ヴェネト州旅行記2011

ヴェネト州旅行記2011 12 ヴェネチアで スカルツィ橋から

from Ponte degli Scalzi , Venezia , Veneto
b0178479_2239488.jpg


スカルツィ橋からの眺めです。
サンタルチア駅の前にありますので,当然ここは通ることになります。
ここまでですね,前回と同じ景色は。
意識して別の道を辿ったこともありますが,後は全く違う景色ばかりでした。
そして,何処を通ったのか,全く分かりません。

そのため,自分が見ている景色,建物が何であるか,全く分かりません。
しばらくは,写真ばかりで,コメントが殆ど無くなってしまいます。

from Ponte degli Scalzi , Venezia , Veneto
b0178479_22401267.jpg




from Ponte degli Scalzi , Venezia , Veneto
b0178479_22435331.jpg



from Ponte degli Scalzi , Venezia , Veneto
[PR]
by travelsketch | 2012-02-14 22:44 | ヴェネト州旅行記2011

ヴェネト州旅行記2011 11 ヴェネチアで サンタ・ルチア駅

Stazione di Santa Lucia , Venezia , Veneto
b0178479_12595152.jpg


メストレの駅で予想以上に時間が掛かってしまいました。
後で考えれば,バスでの移動に切り替えれば良かったのかも知れませんね。
いずれにしても,やっとヴェネチア,サンタルチア駅に到着です。

少し雲が出始めています。毎日青い空を見てきましたので,曇天は旅行に来て初めてです。
少し見える風景が変わってしまいますね。

from Stazione di Santa Lucia , Venezia , Veneto
b0178479_1302725.jpg


前回は,初めて見る景色に圧倒されていましたが,今回は少し落ち着いて観ることが出来ます。
駅を出て,直ぐ目の前に広がるドームには,大きな広告が広がっていました。
前回,このドームの迫力には感激したのですが,何か拍子抜けですね。

from Stazione di Santa Lucia , Venezia , Veneto
b0178479_1305375.jpg


それにこんなキオスクっぽいお店は出てなかったと思います。
それに,脇にある水上タクシーの建物も。
それっぽくてよいとは思いますけどね。

Ponte Scalzi , Venezia , Veneto
b0178479_131273.jpg

[PR]
by travelsketch | 2012-02-12 13:01 | ヴェネト州旅行記2011

ヴェネト州旅行記2011 10 ヴェネチアへ ヴェネチア・メストレ Sciopero

stazione di Venezia Mestre , Veneto
b0178479_1145453.jpg


今日はヴェネチアに向かいます。
8年前も勿論訪れていますが,今回は前回と違うルートを辿ってみたいと思います。

メストレまで車で行き,そこから電車で1駅です。
16km程の道のりです。A57にのるまでもありません。下道を通っていきます。
前回は,ちょっと街中で迷いましたが,今回はスムーズに到着しました。
駅前にある駐車場に車を止め,駅に向かいます。

駅はとても混んでいました。
前回はチケット売り場で難なく購入できたのですが,今回は長蛇の列です。
けど大丈夫です。キオスクで,ヴェネチア行きの切符だけ売っていました。
誰も並んでいません。チケットを購入し,改札機を通してホームに向かいます。

stazione di Venezia Mestre , Veneto
b0178479_114792.jpg


けど,何か変です。
あれっと思っていたら,昨日の夕方のヴィッラの人との会話を思い出しました。
「明日はショーペロだから,ヴェネチアは明後日行った方が良いと思うよ。」。
そうです,ショーペロです。
駅の掲示板にも Sciopero 文字が表示されています。

車での移動ばかりでしたので,自分とは無縁だと思っていた単語です。
それと,こんな形で出会えるとは思っていませんでした。

ただ,全部の便が止まっている訳ではなさそうです。
電光掲示板のスケジュールを見ると,4本に1本は動いているようです。
あと20分ほど待てば,1本来るようです。
それまで,大人しく待つことにします。

stazione di Venezia Mestre , Veneto
b0178479_1149177.jpg

[PR]
by travelsketch | 2012-02-11 11:49 | ヴェネト州旅行記2011

ヴェネト州旅行記2011 10 ヴィッラ・トロン Riviera del Brenta

Villa Tron , Dolo , Veneto
b0178479_22543246.jpg


とにかく大きな建物に,広大な敷地になります。
建物は,真ん中のホールを挟んで,左右に2つずつ,1,2階で8つの部屋があります。
私の部屋は,2階向かって左側の部屋でした。部屋自体もも広かったですが,バルコニが付いています。
天気が良かったら,そこに椅子を出して,日光浴も良さそうな場所でした。

出歩いてばかりでしたので,もう少し部屋で過ごす時間があっても良かったかもしれませんね。

Villa Tron , Dolo , Veneto
b0178479_22552776.jpg


そして,広い敷地にはいろんなものがあります。
奥,向かって左側には,朝食に並んだ蜂蜜を採るための鉢の巣箱が見えています。
それに,レモンや柘榴の木も植えてあります。
きっとレモンは食べれないでしょうけどね。

Villa Tron , Dolo , Veneto
b0178479_22575673.jpg

[PR]
by travelsketch | 2012-02-10 22:56 | ヴェネト州旅行記2011

ヴェネト州旅行記2011 9 ヴィッラ・トロン Prima Colazione

Villa Tron , Dolo , Veneto
b0178479_21193020.jpg


レ・カランドレを出た頃には,24:00を回っていました。
ヴィッラに戻り,休んだ時には,26:00を過ぎていました。
その分,次の日はゆっくりめの起床です。
前の日の夕方に,朝食の時間は遅めでお願いしてありました。
その時間に合わせて降りていくと,カフェの良い香りが漂っています。

奥さんが,朝食の準備をしてくれていました。

Villa Tron , Dolo , Veneto
b0178479_2121752.jpg


コンチネンタルですので,昨日までのように卵やハム,チーズの類は並びません。
しかし,手書きのラベルが貼ってある,ジャムや蜂蜜が最高でした。
全部奥さんの手作りです。
蜂蜜は,全部敷地の中で採取したものです。
あとで,蜜蜂の巣箱を見せてくれました。

それに,数種類のパンと手作りのケーキです。
とても素敵な朝食を,毎日摂ることができました。
[PR]
by travelsketch | 2012-02-09 21:21 | ヴェネト州旅行記2011

ヴェネト州旅行記2011 8 ヴィッラ・トロン Riviera del Brenta

Villa Tron , Dolo , Veneto
b0178479_2104074.jpg


後半の3日間のホテルは,ヴィッラ・トロンです。
ブレンタ川沿いの,ヴェネチアン・リビエラには,とても素敵なヴィッラが点在しています。
このヴィッラ・トロンもその素敵な邸宅を利用したB&Bです。
広大な敷地の中に,大きなお屋敷が建っています。

昨日の夕方に到着した時は,家族とその従姉妹計5人で迎えてくれました。
簡単な挨拶を皆と交わしました。
皆さんとても英語が堪能です。

英語系のガイドブックに載っているためか,英語圏の人が多く利用しているようです。
私以外に宿泊していた2組は,両方ともU.K.からのお客さんでした。
ただ,旦那さんの英語はイタリア訛りがきつく,ちょっと分かり辛かったです。

分からなくて奥さんの顔を見ると,分かりやすい英語で言い直してくれます。
比較的コンタクトは取り易かったです。

Villa Tron , Dolo , Veneto
b0178479_2113176.jpg

[PR]
by travelsketch | 2012-02-08 21:01 | ヴェネト州旅行記2011

ヴェネト州旅行記2011 7 リストランテ・レ・カランドレへ

Le Calandre , Sarmeola di Rubano , Veneto
b0178479_21173148.jpg


8年ぶりのレ・カランドレ,相変わらずの素敵な空間と時間,そして料理を提供してくれました。
ただ,ホールの雰囲気はよりスタイリッシュになったと思います。
そして,その分少し親しみやすさが減ってしまった気がします。
3つ星の雰囲気を身に纏ってしまったのでしょうね。
サービスの人も,もう少しこちら側に降りてくれても良さそうな気がします。

ただ,十分合格点の中でも希望です。
素敵な時間が過ごせたことには,間違いありません。
また何年か経ってから,訪れてみたいです。

きっと今の自分とは,また違ったことを感じるかもしれません。
それを楽しみにして,ホテルに戻ることにします。

Le Calandre , Sarmeola di Rubano , Veneto
b0178479_21191436.jpg

[PR]
by travelsketch | 2012-02-07 21:19 | ヴェネト州旅行記2011

ヴェネト州旅行記2011 6 リストランテ・レ・カランドレへ

Le Calandre , Sarmeola di Rubano , Veneto
b0178479_2182432.jpg


テーブルは3列,確かそれぞれ4卓ありますので,全部で12卓ほどでしょうか。
その他に,個室もあります。
それが全部埋まっていました。

皆,私よりも早く食事を終えていましたが,カフェを前にして,ずっとおしゃべりを楽しんでいます。
とても心地の良い空間ですので,ずっと長居をしたくなるのも分かります。
ずっとこの時間が続けばと,自分も思ってしまいます。

自分の斜め前のテーブルには,韓国系と思われる二人が座っていました。
どこかで見たような,サンプルA とサンプルBのパーツを組合わせたような人達でした。
その二人が,気取って座っています。

・・・・・・・・・・。

Le Calandre , Sarmeola di Rubano , Veneto
b0178479_2194941.jpg


ところで1枚目の写真を見て,あるものを思い浮かべませんか。
僕は,見た瞬間,頭の中に「生け花」というフレーズが浮かんできました。
絶対それからインスパイアされていますね。

途中に出てきたお鮨をなぞったものも含めて,やはり日本文化の影響は顕著だと思います。
前回来た時も,抹茶をデザートに使っていましたし。
[PR]
by travelsketch | 2012-02-06 21:09 | ヴェネト州旅行記2011

ヴェネト州旅行記2011 5 リストランテ・レ・カランドレへ

Le Calandre , Sarmeola di Rubano , Veneto
b0178479_1049919.jpg


" Battuta di carne cruda piemontese al tartufo nero estivo ”

これは,イタリアの食材で作ったお鮨です。
ナイフやフォークを使うのではなく,手でつまんで食べるように言われました。
ポモドーロをベースにしたものを一口サイズにまとめ,その上にネタ代わりのトリフが大量に掛かっています。

味は,本当のお鮨を食べた方が良いと思います。
イタリアの人には画期的かもしれませんが,日本人からすると?です。

それよりも,お皿の脇に写っているタンブラー,素敵だと思いませんか。
前回来た時も,気になっていました。
ヴェネチアングラスだと,その時は教えてくれました。

明日は,ヴェネチアに行きます。
工房が分かれば,行って購入したいと思いました。

尋ねてみると,このグラスは Alajmo の名前入りでスペシャリテなんだよ。
だから,お店では売っていないよ,と言われました。

だったら,今テーブルに出ているタンブラーを譲ってくれないか,尋ねてみました。
すると,1個€30なら譲ってくれるそうです。
8年越しの願いが叶いました。


Le Calandre , Sarmeola di Rubano , Veneto
b0178479_10502052.jpg

[PR]
by travelsketch | 2012-02-05 10:50 | ヴェネト州旅行記2011