写真で綴る旅行記 my travel sketch

カテゴリ:南チロル旅行記2011( 82 )

南チロル旅行記2011 59 サンタ・マッダレーナ村へ 

Santa Maddarena , Trentino-Alto Adige
b0178479_1431725.jpg

さて,ブレッサノーネを後にして,今回のもう一つの目的地であるサンタ・マッダレーナ村に向かいます。
SS12とSP27を通り,約20km,30分程度の道のりです。
途中に,いかにも村のスタンドとらしい所がありましたので,給油することにします。
お店の人に,一言,「コンプレート」とだけ伝えて給油をお願いします。
最新式のスタンドですと,対応が出来無そうな気がして,昔ながらのお店を探していましたので,ちょうど良かったです。

Santa Maddarena , Trentino-Alto Adige
b0178479_1435583.jpg

SPですので,全くの田舎道です。
その方が,周りの風景を楽しめて良かったです。
こんな所に観光客が来るのかな,そう思わせる道が続きます。

しばらくすると,サンタマッダレーナ村です。一応,ナビはセットしてあります。
ただ,目的地がCentro ですので,さて何処に車を止めましょうか。
村の入り口付近にバス停がありましたが,もう少し中まで入っていきます。
そろそろ終わりかな,と思う所から中に入ってきました。
都合が良いことに,すぐに駐車場が見つかりました。
しかし,車が1台止まっているだけです。
ここで良いのか不安になりながらも,私も車を止めることにします。
[PR]
by travelsketch | 2012-01-07 14:04 | 南チロル旅行記2011 | Comments(0)

南チロル旅行記2011 58 ブレッサノーネの街 

Bressanone , Trentino-Alto Adige
b0178479_22202694.jpg

ブレッサノーネの街の見所としては,後は司教伯館があります。
前まで行ってみますが,外から見ては面白くない所でした。
中に入れば違うのでしょが,あまりそんな気になれませんでした。

今日は,3ヶ所回る予定でいます。
次の場所は夕日が当たる時間帯に訪れる予定でいました。
それには少し早いかもしれませんが,ブレッサノーネを離れることにします。

Bressanone , Trentino-Alto Adige
b0178479_22275515.jpg

その前に,トイレ休憩です。
考えてみると,この街ではカフェには入りませんでした。
その代わり見つけたのが,この素敵なお庭の前にある有料の公衆トイレでした。
ピカピカで,とてもきれいです。
そして,とても機能性に溢れたトイレです。言い換えると,とても操作が難しいのです。

ドイツ人らしき団体が使っていましたが,皆さん操作方法が判らず戸惑っていました。
きちんと操作せずに入ってしまったおじいさん。
途中でトイレのドアが開いてしまいました。
思わずその奥さんと,びっくりして顔を見合わせ、ふたりでクククって笑ってしまいました。
とても印象に残るシーンでしたね。
[PR]
by travelsketch | 2012-01-06 22:28 | 南チロル旅行記2011 | Comments(0)

南チロル旅行記2011 57 ブレッサノーネの街 大聖堂

Duomo di Bressanone , Trentino-Alto Adige
b0178479_2195241.jpg

二つの尖塔という,とても面白い造りをしています。
そして,やはり素敵なこの色使い。
あまりハッキリとは写ってはいませんが,入り口の部分の藤色,とても爽やかです。
この色,大好きです。

この Duomo ,最初に造られたのは10世紀で,その後13世紀にロマネスク様式に変わり,現在の見られるのは,1745年~90年ごろの,バロック様式だそうです。

Duomo di Bressanone , Trentino-Alto Adige
b0178479_21113038.jpg

この教会も,中に入ってみます。
祭壇の回りは,ちょっと抑えた煌びやさで,程好いものでした。
これも,好きな部類に入っています。

そして天井のフレスコ画と周りの装飾も,とても合っています。
この教会の色使いは,とても好きですね。
あとは,パイプオルガンもありましたので,その演奏が聴けたなら,最高だったですね。

Duomo di Bressanone , Trentino-Alto Adige
b0178479_2112321.jpg

[PR]
by travelsketch | 2012-01-05 21:12 | 南チロル旅行記2011 | Comments(0)

南チロル旅行記2011 56 ブレッサノーネの街 ドゥオモ広場と Duomo di Bressanone

Piazza Duomo , Bressanone , Trentino-Alto Adige
b0178479_21572451.jpg

ポルティチ・マッジョーレ通りから右に入っていくと,ドゥオモ広場に出ます。
とても広々としています。
きっと夕方になると,街の人達で賑わうのでしょうね。
そう言えば,今回は余り夜に出歩くことがなかったです。
前回のピエンツアの広場で,酔い覚ましも兼ねてずっと独りで佇んでいたような,そんな時間も盛り込めば良かったでね。

ところでこの広場で見つけたこの屋根,素敵な色使いだと思いませんか。
ブレーメンの音楽隊の本の挿絵で,これと似たものを見た記憶があります。
やはり,ドイツの文化,建築様式の影響圏内にある証拠でしょうか。

Duomo di Bressanone , Trentino-Alto Adige
b0178479_21505487.jpg

[PR]
by travelsketch | 2012-01-04 21:59 | 南チロル旅行記2011 | Comments(0)

南チロル旅行記2011 55 ブレッサノーネの街 サン・ミケーレ教区教会

Chiesa Parroccchiale di San Michele , Bressanone
b0178479_1004049.jpg

先ほど,尖塔が見えていたように,直ぐにサンミケーレ教区教会に着きます。
ちょっと落ち着いた感じのする教会です。

中に入ると,ステンドグラスがあります。
ただ,何の絵柄も描いていません。
色つきのガラスが填まっているだけのは,初めてみました。
画像もあるのですが,見てもつまらないので,割愛します。

Chiesa Parroccchiale di San Michele , Bressanone
b0178479_1012688.jpg

中にはいると,パイプオルガンが演奏されていました。
ただ,残念ながら終いの方で,直ぐに演奏は終了してしまいました。
もう少し聴きたかったです。
教会は音が響き渡るので,とても迫力がある音が聴けます。
それを狙っている構造なのでしょうね。

祭壇周りは,とても落ち着いた印象を受けます。
逆に言えば,オルティーゼイのようにもう少し煌びやかか,ドッビアーコのようにもう少しきれいな色使いか。
どっちかの方が,見ては楽しいですね。

Chiesa Parroccchiale di San Michele , Bressanone
b0178479_102213.jpg

[PR]
by travelsketch | 2012-01-03 10:02 | 南チロル旅行記2011 | Comments(0)

南チロル旅行記2011 54 ブレッサノーネの街 ポルティッチ・マッジョーレ通り sanpo

Bressanone , Trentino-Alto Adige
b0178479_115877.jpg

車を止めたローマ通りから,バスティオーニ・ミノーニ通りにでて,サンテラルド通りに入ります。
この小さな建物は礼拝堂なのでしょうか,周りに観光客と思しき人達が集まっています。
これまで訪れた街の中では,一番人が集まっています。
この礼拝堂,google で確かめると,Vicolo diel Duomo となっています。
これでも Duomo なんですね。
区分が全く分かりません。

後ろ左側にサン・ミケーレ教区教会,後ろ右側に大聖堂の尖塔が見えていますね。

Via dei Portici Maggiori , Bressanone , Trentino-Alto Adige
b0178479_9372462.jpg

そこからしばらく歩き,ますと,このポルティッチ・マッジョーリ通りにでます。
地球の歩き方には,このブレッサノーネの街の記述はあります。
それを見て,この通りに来てみました。

アーチ上状の柱によって,1階部分はアーケードになっています。
そして張り出した窓がとても印象的です。
16,17世紀の建物だそうです。
ちょっと印象的で,おもしろい街並みです。
[PR]
by travelsketch | 2012-01-02 09:39 | 南チロル旅行記2011 | Comments(0)

南チロル旅行記2011 53 ブレッサノーネの街へ

Via dei Portici Maggiori , Bressanone ,Trentino-Alto Adige
b0178479_11321827.jpg

オルティーゼイの街を離れます。
SS242を西に向かって進みます。途中からSS242dirに分岐します。
この道は,結構大変でした。

思ったよりも高低差がある所を進んでいきます。
山の急斜面を下っていくような感覚です。
コルチナからガルデナ峠に至るような,くねくねした道ではないのですが。
ジェットコースターで下っていくような感じでしょうか。

E45に抜けるにはこの道しかありません。
明日もこの道を通らなければならないかと思うと,ちょっと気持ちがしぼみます。

Bressanone ,Trentino-Alto Adige
b0178479_11333864.jpg


SS12に出て,北上します。
キウーザを通り越し,ブレッサノーネが近付いてきます。約30kmの道程です。
ブレッサノーネの街の標識が出ていますが,ナビは更に北上することを求めています。
しばらく走りましたが,やはり間違っている気がしてきました。
引き返し,標識に従ってSS12から,東の方に入っていきます。

昨日もこの車のナビゲートにはびっくりさせられましたが,今日もまたか,です。

Bressanone ,Trentino-Alto Adige
b0178479_11341511.jpg

[PR]
by travelsketch | 2012-01-01 11:34 | 南チロル旅行記2011 | Comments(0)

南チロル旅行記2011 52 オルティーゼイの街

Ortisei , Trentino-Alto Adige
b0178479_12574934.jpg

5つ☆のホテル・アドラーは素晴らしいですが,色使いが一番素敵だったのはこのホテルです。
広い壁と窓辺に飾られた花,そして青い空を映しこんだ窓,その色が丁度良いバランスを保っています。
とても清々しい印象を与えてくれます。

Ortisei , Trentino-Alto Adige
b0178479_12585848.jpg

このオルティーセイは,一昨日訪れたドッビアーコよりは街の規模は大きいと思います。
しかし,その分澄んだ感じが薄れてしまっている気がします。
パリッシュチャーチやセント・アンソニー・チャペルを,もう一度見ることが出来たのは嬉しかったですが,それ以外の印象は薄い街でした。

スキーで訪れたなら,きっと素敵な時間が過ごせたでしょうね。
地元のスキー場にも,この雰囲気を纏って欲しいです。

Ortisei , Trentino-Alto Adige
b0178479_12594421.jpg

[PR]
by travelsketch | 2011-12-31 13:00 | 南チロル旅行記2011 | Comments(0)

南チロル旅行記2011 51 オルティーゼイの街で パリッシュ教会

Parsh Church , Ortisei , Trentino-Alto Adige
b0178479_13262929.jpg

今回の旅行のお約束ですので,パリッシュ教会の中に入ります。
祭壇はとても煌びやかですが,あまり好きな色使いではありません。
ドッビアーコのサンジョバンニ・バチスタ教会のように,煌びやかな部分とそうでない部分が上手く組み合わさった方が好きですね。

ただ,造られた後期バロックの時代では,こちらの方が好まれたのでしょう。
教会としては,こちらの方が望ましいのでしょうね。

Parsh Church , Ortisei , Trentino-Alto Adige
b0178479_13201136.jpg

ただこの教会で目を引いたのは,これらの木彫りの像です。
これは良かったですね。

Parsh Church , Ortisei , Trentino-Alto Adige
b0178479_1327469.jpg

[PR]
by travelsketch | 2011-12-30 13:21 | 南チロル旅行記2011 | Comments(0)

南チロル旅行記2011 50 オルティーゼイの街で パリッシュ教会

Parsh Church , Ortisei , Trentino-Alto Adige
b0178479_11162348.jpg

この街で一番見応えがあると思われる,パリッシュ教会です。
パステルカラーの教会です。

白とピンクとアイボリーの対比が,とても素敵なです。
セント・アンソニーが礼拝堂であるのに対して,こちらは教会です。

前回来た時も,強く印象に残っているのですが,空が青い分だけ今回の方が美しいです。
時期も同じ9月中旬なんですけどね。
あの時は,コルチナに向かう途中に雪が降りましたからね。
今回は,天候には恵まれているようです。
このまま続いて欲しいです。

Parsh Church , Ortisei , Trentino-Alto Adige
b0178479_11171742.jpg

[PR]
by travelsketch | 2011-12-29 11:17 | 南チロル旅行記2011 | Comments(0)