写真で綴る旅行記 my travel sketch

カテゴリ:イングランド旅行記2011( 96 )

イングランド旅行記2011 6  長い道のり

Hotel Clivden , Taplow , Berkshire
b0178479_21175113.jpg



出発の前日,成田までの移動の日です。
新幹線は止まっていますし,高速は一般車両に対しては閉鎖したままです。
空港は被害を受けたため使用できません。
残された移動手段は,自家用車での一般道路を通っての移動です。

それも問題が残っています。
ガソリンが残り少ないことです。
成田までは勿論のこと,隣の県までも移動できないくらいです。

前々日と前日の2回に分けて給油し,やっと満タンに近くなりました。
2回目は15分で給油出来ましたが,1回目は2時間近く並びました。

1回目にもう一度給油しようと思って最後尾を探しましたが,どこまで行っても最後尾にたどり着きません。
唖然としながら,帰路に付きました。
あんな思いをすることは,きっと一生無いでしょうね。


Hotel Clivden , Taplow , Berkshire
b0178479_2119243.jpg

[PR]
by travelsketch | 2011-05-20 21:20 | イングランド旅行記2011 | Comments(0)

イングランド旅行記2011 5  大厄災

Hotel Clivden , Taplow , Berkshire
b0178479_23205377.jpg



目的地もホテルもレストランも決まり,後は出発を待つだけ。
そんな3月11日に,大厄災が起こりました。
自分の住まいする場所には,直接的な被害は殆どありませんでした。
しかし,避難してきた人達がどんどん自分の市に集まってきます。
その対応に追われ始めました。

こんな時に旅行に行く場合ではない。
誰でも考えることでしょう。
自分も,航空券のキャンセルを旅行代理店に申し出ましたが,却下されました。
ホテルも,non refundable の設定です。
レストランもデポジットを設定しています。

航空券とホテル,レストランを合わせると40万以上の損失です。
それでも,中止すべきだったのでしょうね。

先日,土浦市の職員が震災直後にリフレッシュ休暇を取得したことに対して,
厳重注意処分が下されていました。

私も同様なのでしょうね。
もっとも,違った形ですけど,それ以上の処分を下されていますけどね。



Hotel Clivden , Taplow , Berkshire
b0178479_23213385.jpg

[PR]
by travelsketch | 2011-05-19 23:24 | イングランド旅行記2011 | Comments(0)

イングランド旅行記2011 4 コンウォールとイーストアングリア


Cambridge , Cambridgeshire , A14近辺
b0178479_2155548.jpg


食事のメインを,ミッドサマーハウスに置きました。
それに伴い,目的地は自ずとケンブリッジ,イーストアングリアで決まりです。
しかし,ずっとイーストアングリアとコンウォールで迷っていました。

浦沢直樹が描いた,「マスターキートン」という漫画が大好きでした。
そこに,少年時代を過ごした場所として,コンウォールが度々登場していました。
絵を通してですが,コンウォールの自然の素晴らしさに,ずっと憧れを抱いていました。
何時かはそこで数日間過ごしてみたい,ずっとそう思っていました。

今回は叶いませんでしたが,次の機会には実現させたいです。


Cambridge , Cambridgeshire , Huntington road 近辺
b0178479_21562850.jpg

[PR]
by travelsketch | 2011-05-18 21:54 | イングランド旅行記2011 | Comments(0)

イングランド旅行記2011 3 ミッドサマーハウス

Restaurant "Midsummer House" , Midsummer Common , Cambridge
b0178479_22233835.jpg


初日,二日目とクリブデンに宿泊します。
タプローはヘンリー・オン・テムズから僅かの距離です。
近くには,イングランドで数少ない3つ星レストランの,「Fat Duck」そして「Waterside Inn」の2軒が,隣り合わせのように建っています。

両方とも2006年のイングランド旅行で訪れています。
雰囲気は「Waterside Inn」,そして料理は「Fat Duck」。
どちらも再び訪れてみたいのですが,Dinner で訪れるにはちょっと二の足を踏んでしまいます。

クリブデンを通して予約を入れてみたのですが,どちらもテーブルが空いていませんでした。
「Waterside Inn」はDinner であれば可能でしたが,あまりの料金の高騰に諦めてしまいました。

そこでいろいろ探していたのですが,2つ星で良さそうなレストランを見つけました。
Cambridge にある「Midsummer House 」です。
2日間通うことにします。
ただ,2日間ともDinner は厳しいので,初日はLunch そして最終日はDinner で訪れることにしました。

Restaurant "Midsummer House" , Midsummer Common , Cambridge
b0178479_22241578.jpg

[PR]
by travelsketch | 2011-05-17 22:24 | イングランド旅行記2011 | Comments(0)

イングランド旅行記2011 2 ホテル・クリブデン

Hotel Clivden , Taplow , Berkshire

b0178479_22115583.jpg

イングランドでずっと泊まりたかったホテルは,ハートウェル・ハウスとクリブデンです。
ハートウェルハウスは2007年の旅行で実現させています。
その時は,まだまだポンドが強く220円くらいでした。
そのレートではクリブデンには手が届かず,諦めた経緯があります。

しかし今回は130円まで落ちています。当時の6割弱です。
そして平日の2連泊以上限定で,spring fair の料金が出ていました。
朝食付きでこの素敵なホテルに,£185で宿泊できるなんて。
この時のレートで換算すると24,000円です。

迷わず予約を入れました。
旅行が終わっている今,この時の判断はほぼ正解だったと思います。


Hotel Clivden , Taplow , Berkshire
b0178479_21311355.jpg

[PR]
by travelsketch | 2011-05-16 21:40 | イングランド旅行記2011 | Comments(0)

イングランド旅行記2011 1 旅の始まり

Hotel Clivden , Taplow , Berkshire
b0178479_16175017.jpg



3月16日から6日間の休暇願いを出した時には,まさかあの様な最悪の状況に陥るとは,思ってもいませんでした。
恐らく半世紀に1回,有るか無いかの震災が訪れるとは。


Hotel Clivden , Taplow , Berkshire
b0178479_15542669.jpg


毎年の恒例で,旅行先を探していました。
3月に入ってから,突然ヴァージン航空のキャンペーンが入りました。
席も十分手配できそうです。

アジアに6日間滞在するよりも,ヨーロッパに4日間滞在した方が,満足感が強いはずです。
それまでの目的地を,急遽イングランドに変更しました。

イングランドに関しては,これまでも実現しなかったプランが何個かあります。
コンウォールかイーストアングリアか。
そして,さとなお.com で読んでから,ずっと訪れたかったホテルクリブデン。
それを,僅か4日間にどの様に詰め込むか。
とっても悩みました。
[PR]
by travelsketch | 2011-05-15 15:54 | イングランド旅行記2011 | Comments(0)