写真で綴る旅行記

カテゴリ:ペリゴール・ノワール旅行記2010( 85 )

ペリゴール・ノワール旅行記2010 5 旅の始まり Relais & Chateaux と Le Vieux Logis

b0178479_22285210.jpg

最初の連泊の場所が決まりました。
次は,後半の連泊の場所です。

今回の旅行をプランニングするにあたり,最初はペリゴール地方とケルシー地方の両方を巡ることを考えていました。
しかし,徐々に情報が集まってくるにつれ,それはかなり無理のある行程であることが分かってきました。

観光地を駆け抜けていくパックツアーではありません。
ゆっくりと,その地方を深く楽しむための個人旅行です。
ペリゴール地方,それもドルドーニュ県だけを巡ることに変更します。

前半で,ブラントームとペリグーを訪れます。
後半は,サルラー,ベイナック,ロック・ガジャックやドンムでしょうか。
その近辺で探してみることにします。

b0178479_22431562.jpg

昔から憧れのホテルグループがあります。
Relais & Chateaux です。
その中で,1つ星のレストランを持つホテルで,よいプロモーションが出ていないか探してみます。

この地方らしく,良さそうなシャトーホテルが沢山見つかりました。
しかし,ちょうど良いプロモーションが出ていません。

そんな中で見付けたのが,”Le Vieux Logis ” です。
ミシュランで1つ星が付いており,シャトーホテルではありませんが,とても良い佇まいのお屋敷です。
そして,”3 for 2 ” のプロモーションが出ていました。
2泊の料金で3泊できる,と言う内容です。
それもハーフボードプランでも同様だと言うのです。

後半は3連泊するつもりでしたので,まさにぴったりです。
部屋のカテゴリーを一つあげても予算内に収まります。
これを逃す手はありません。
後半の宿泊先は,ここ ”le Vieux Logis ” で決定です。
[PR]
by travelsketch | 2010-12-27 22:30 | ペリゴール・ノワール旅行記2010

ペリゴール・ノワール旅行記2010 4 旅の始まり Moulin de Roc と Moulin de L'abbey

b0178479_10145220.jpg

2つの3つ星は場所的に諦めざるをえない。
3つの2つ星は行程的に検討を要する。
後は,1つ星の中から探すしかありません。
ならば,雰囲気の良い,素敵なホテルの1つ星のレストランを探すことにします。

この地方で,雰囲気の良いホテルで,なお且つ1つ星が付いている。
そんな条件で浮かんでくるのは,Brantome にある ”Moulin de L'Abbey”です。

ルネ・エ・シャトーのメンバーで,小さなブラントームの街ですが,一番良い場所に立地しています。
ルネ・エ・シャトーのページで探したら,とても良さそうなプランが出ていました。
ただ,確認までと思いミシュランのページを見たら,なんと1つ星から降格しているではないですか。
ちょっとがっかりしましたが,気を取り直して他のレストランを探すことにします。

b0178479_12162431.jpg

近辺の星つきレストランを探していたら,ブラントームから程近い街に良さそうなレストランを見付けました。
名前も同じMoulinから始まっています。
Moulin de Roc” と言うレストランです。ホテルも併設しています。

ドルドーニュ川の辺に佇む,とても良さそうな雰囲気です。
ゆったりするには,ちょうど良さそうな所です。

5月から11月までしか営業していませんが,まだまだ間に合います。
それに,10月はオフシーズンなのでしょう,デラックスもスーペリアも全部スタンダードの料金€130で提供するプロモーションを実施中でした。

それに比較的幹線である,A89沿いにあります。
空港から直行して,ここに2泊することにします。
[PR]
by travelsketch | 2010-12-26 10:14 | ペリゴール・ノワール旅行記2010

ペリゴール・ノワール旅行記2010 3 旅の始まり ミッシェル・ブラとミッシェル・トラマ

b0178479_11184914.jpg

大体のコース取りが決まりましたので,次はどこで食べるかです。
お決まりの,Michelin でお店を探します。

ボルドー近郊では,Le St.james Hostellerie Plaisance  でしょうか。
どちらのレストランも,とても魅力的な宿泊施設を伴っています。
3泊ぐらい連泊し,ゆっくりと食事を楽しんでみたいところです。

しかし,如何せん予算オーバーです。
ただ,ランチなら何とかなりそうです。

Le St.James はボルドー市内を見渡せる丘の上にあります。
ランチで利用して,景色を楽しみながら食事もありかと思いました。
何とか行程に組み込みたいところです。

b0178479_12565858.jpg

その他に,どんなレストランがあるか探していたところ,2軒の3つ星を見つけました。
ミッシェル・ブラとミッシェル・トラマです。
ミッシェル・ブラはもっとプロバンスに近いところにあると思っていました。
ずっと憧れていたレストランですので,是非行きたいお店です。

しかし,ボルドーからは5時間ほど掛かります。
これでは,往復するだけで1日がつぶれてしまいます。
ゆったりとした旅を過ごすことは,できなくなってしまいます。
諦めるしかないですね。

しかしボルドーではなく,トゥールーズが拠点なら,2時間半ほどです。
ミッシェル・トラマに至っては,1時間の距離です。

ドルドーニュやケルシーにも,トゥールーズからの方が近かったです。
どうやら,拠点の選択を誤ったようです。
25,000円で行程の変更は可能でしたが,そこまでする気にはなれませんでした。
一からレストランを選び直す必要がありそうです。
[PR]
by travelsketch | 2010-12-25 11:34 | ペリゴール・ノワール旅行記2010

ペリゴール・ノワール旅行記2010 2 旅の始まり 今回はエールフランス

b0178479_21313955.jpg

先ずはエアチケットの手配です。
最近の傾向として,ヨーロッパ便では格安航空券の立場が弱くなってきていますね。
航空会社の正規航空券との差が殆どなくなっています。
今回などは,格安では手配できない席が,正規航空券では殆ど変わらない料金で手配できました。

それにいつもはKLMの方が安いのですが,何故か今回はエールフランスの方が安かったです。
CDGでの接続便の豊富さと,帰国便の便数の多さから,利便性はエールフランスの方が上です。
最終日,23:30の便が使えるのは,1日得した気分になります。

文句なく,エールフランスで手配しました。

b0178479_21463714.jpg

シャルル・ドゴール空港に到着するのは17:00頃,乗継便がボルドーに到着するのは20:00です。
それからどうするか大変迷いました。

ボルドー市内に1泊してから,ペリゴール・ノワール地方に入るのか。
それとも,無理は掛かりますが,2時間車を走らせて直接ペリゴール・ノワール地方に入ってしまうか。

1,2,2泊にするのか,2,3泊するのか。
なるべく同じところに連泊するのが,ホテルを楽しむ基本と考えています。
15時間のフライトの後の,2時間のドライブはちょっと疲れます。
しかし,この基本に則るべく,真直ぐペリゴール・ノワール地方に入ることにします。
[PR]
by travelsketch | 2010-12-24 21:31 | ペリゴール・ノワール旅行記2010

ペリゴール・ノワール旅行記2010 旅の始まり

b0178479_19152194.jpg

夏の季節は,日程の調整がつかず,残念ながら九州観光圏4泊5日の旅で終わってしまいました。
しかし,仕事がひと段落した10月を目処に何とか調整し,1週間の時間を作りました。

目的地はヨーロッパです。
昨年のフランスの印象は,とても良かったです。
ポルトガルも1回は行ってみたい場所です。

10月中旬ですので,なるべく暖かい場所を選ぼうと思いました。
フランスも,なるべく南のプロバンスやボルドー周辺を候補に挙げてみました。
ポルトガルは,南端のアフリカに面した地方を候補に挙げました。

b0178479_1925275.jpg

困った時に目を通すのが,ナショナル・ジオグラフィックで出している「世界の名所50」です。
そこで出会ったのが,「森の国ペリゴール・ノワール」の記事です。

見開きを使って,霧の中に浮かび上がるベイナック城を描いていました。
その写真に惹きつけられてしまいました。
即決です。今回の旅行はペリゴール・ノワール地方に決定です。

ほとんど知られていない地方かと思います。
しかし,今回は行きませんでしたが,ラスコーの洞窟は有名ですよね。
その他にも,ドルゴーニュ川流域には,中世の要塞や城が点在しているようです。
それらをゆっくり回り,素敵なホテルや料理を楽しむ,そんな旅を計画してみました。
[PR]
by travelsketch | 2010-12-23 19:25 | ペリゴール・ノワール旅行記2010