写真で綴る旅行記 my travel sketch

カタルーニャ地方旅行記2002 50 Can Fabesにて

Can Fabes,San Celoni,Catalunya
b0178479_203537.jpg


次の一皿も良かったです。
鶉のソテーですが,これも火の入り具合が最高でした。
表面はパリパリと,そしてソースが焦げたところ等はちょうど焼鳥の香ばしさです。
この懐かしくなってしまう香ばしさと,下に敷いてあるマッシュポテトがとてもよい調和を醸し出しています。

この皿で料理は終わりますが,ここまで火加減,お皿の構成,目に訴えるプレゼンテーション,味加減,全てにおいて完璧です。
どうすれば,これだけパーフェクトに仕上げることが出来るのか。とても信じられません。

そう感心しているところに,シェフのサンティが挨拶に来てくれました。
びっくりして,“とても素晴らしかったです”,としか言えませんでした。
もっと伝えたいことは沢山あったのですが。


Can Fabes,San Celoni,Catalunya
b0178479_2023373.jpg


完璧な料理の最後を締めくくるのは,デザート3皿です。
ソルベとトッフィーは定番のようです。
次回の訪問の時にも出てきました。
カラメルの味は大好きなので,トッフィーはとても印象に残りました。

ここまで10皿。
かなりお腹が苦しくなっていますが,デザートまで完食しました。
勿論,パンの類は殆ど取っていません。
何れもおいしそうなパンばかりで,残すのはとても忍び難かったです。

14:00に食べ初めて,既に17:00を回っています。
3時間以上経っていますが,あっという間の出来事に思えてしまいます。

2つ星と3つ星ではこんなにも違うのものでしょうか。
この時,完全に3つ星の料理に嵌まってしまいました。
この時以来,訪問地に3つ星があれば,絶対外さないようになりました。
[PR]
by travelsketch | 2014-01-24 20:04 | カスティージャ地方旅行記 2002 | Comments(0)