写真で綴る旅行記 my travel sketch

カタルーニャ地方旅行記2002 26 バルセロナへ ピカソ美術館

Museu Picasso,Barcelona
b0178479_160429.jpg


カタルーニャ音楽堂からピカソ美術館までは,500mほどです。
Via Laietana を歩き, JaumeⅠ駅の角でプリンセサ通に入っていきます。

このプリンセサ通りは,ゴシック地区らしい雰囲気に溢れた通りです。
ゴシック地区に浸るには,ちょうど良い通りです。
そこをちょっと入ったところにピカソ美術館はあります。

建物自体は15世紀の物だそうで,周りの景色に溶け込んでいます。
1995年に出来た,ピカソの相続税の物納品で構成するフランスのピカソ美術館。
それに対して,こちらは1963年に出来た両親が所有する少年,青年期の作品で構成される美術館です。

フランコ将軍に抵抗し続けたピカソの美術館を将軍が存命中に作ることは,カタルーニャのカスティージャに対する挑戦の意味があったようです。


Museu Picasso,Barcelona
b0178479_1602645.jpg


少年期の作品を見ると,ピカソは本当の天才だったとしか思えません。
その作品が段々変化していく様が見て取れますので,それはそれで面白い美術館です。

お目当ての“ラス・メニーナス”も観れました。
しかし,やはりどのように解釈すればよいのか分かりません。
凡人には,天才は理解できないです。

この美術館は絵画も楽しめますが,それよりも建物全体が醸し出す雰囲気を楽しむところかと思います。
このゴシック地区の雰囲気そのままです。
それを,凝縮したのがこの美術館だと思います。

ここだけを目的にするほどの美術館ではないと思います。
しかし,バルセロナのゴシック地区を訪れた時に,ひとつのアクセントとして加えるには,ちょうど良いパーツだと思います。
[PR]
by travelsketch | 2014-01-05 15:59 | カスティージャ地方旅行記 2002 | Comments(0)