写真で綴る旅行記

カスティージャ地方旅行記2002 12 マドリッドにて プラド美術館

Museo del Prado,Madrid
b0178479_19465383.jpg


ティッセン・ボルネッサ美術館を出て,プラド美術館に向かいました。
列が途切れていることを期待していましたが,残念ながら相変わらず長蛇の列です。

しかし,よく列を見てみると,回廊を伝って2階の入り口の方に繋がっています。
どうやら,特設展の入り口と常設展の入り口は異なっているようです。
そして常設展の入り口には,短い列しか出来ていません。
よかったです,すぐ入場できました。

入り口のクロークに,荷物を預けさせられます。
バックを預けて,身軽になって入場です。
プラド美術館はこれで5回目ですが,来る度に入場時の制限が厳しくなりますね。
世知辛いご時世になってしまったものですね。


Museo del Prado,Madrid
b0178479_19471490.jpg


異論は多々あるかもしれませんが,プラド美術館は三大,若しくは五大美術館として扱われることが多いようです。
残りはルーブル美術館,メトロポリタン美術館,エルミタージュ美術館,そして大英博物館です。
未だ,完全制覇はできていません。
エルミタージュ美術館という難敵が残っています。

サンクトペテルブルグという街も,とても魅力的な街だとは思います。
いつかは行ってみたい所ですが,ロシアにある限り難しいでしょうね。

大学のドイツ語の授業で使ったテキストが,冷戦時代のモスクワ駐在員の悲惨な状況を扱ったものでした。
その第一印象,先入観がこびりついています。
ロシアに足が向くことは決して無いと思います。

ところで松山先生,お元気でしょうか。
[PR]
by travelsketch | 2014-01-04 19:47 | カスティージャ地方旅行記 2002