写真で綴る旅行記

カスティージャ地方旅行記2002 11 マドリッドにて ティッセン・ボルネミッサ

Museo Thyssen Bornemisza,Madrid
b0178479_18105427.jpg


スペインですので,もちろんダリやピカソの作品も展示してあります。
しかし,余り好きな作品ではありませんでした。
それよりもドガの作品に惹きつけられました。

ほんとは,絵画とかはよく分かりません。
絵心もありませんし,美術の時間は一番嫌いな時間でした。
けれど,単純にきれいな色の組み合わせを見るのは大好きです。

その意味でこのドガの作品は一番好きな作品でした。
この美術館でこんな素敵な作品に出会えるとは,思ってもみませんでした。

この美術館はその名の通り,ティッセン・ボルネッサ男爵家が蒐集した絵画を,1993年にスペイン政府が買い取って出来たものです。
個人の趣味で集めた物ですので,作品に一つの傾向があります。
ローマのボルケーゼ美術館と,同じような感じですね。


Museo Thyssen Bornemisza,Madrid
b0178479_18113363.jpg


展示はフロア毎に,年代毎に分かれています。
中世のコレクションは,そんなに厚くなかったでした。

コレクションした男爵が20世紀初頭の人ですので,勢いそれに近い時代の絵画が集まるのは仕方が無いのでしょうね。
現代の抽象画は,余りまとまったコレクションは見たことが無かったので,それはそれで見ごたえがありました。
全然理解できないのが難点ですけれど。

  
Museo Thyssen Bornemisza,Madrid
b0178479_18112952.jpg


ところでホールの上から写真を撮っていたら,係員の人が近付いてきて一言,“No Camera !”。
館内撮影禁止のようでした。

まったく気が付きませんでした,ゴメンナサイ。
作品は撮っていませんので,許してくださいね。

けど,写真を撮りたくなる程,雰囲気が良い造りの美術館でした。
プラド美術館の口直しには,ちょうど良いかと思います。
[PR]
by travelsketch | 2014-01-04 18:11 | カスティージャ地方旅行記 2002