写真で綴る旅行記 my travel sketch

ヨークシャー旅行記2006 73 Chatsworth Houseへ

Chatsworth House,Derbyshire
b0178479_1246154.jpg


とても名残惜しいのですが,チェックアウトを済ませてチャッツワース・ハウスに向かうことにしました。
しかし,どこか請求書の金額が変です。

Half Board Plan で,なおかつ Tax や Service Charge 込みのパッケージでした。
加算は,毎晩のサイダー代ぐらいのはずです。
内容をよく確認したところ,飲んだ覚えのないシャンパンの代金90ポンドが請求されていました。
昨日の夜,隣のテーブルで飲んでいた分のシャンパンがこちらのテーブルに間違って請求されたようです。

チェックアウトの時に応対してくれた人は,昨日の夜にディナーをサーブしてくれた人でした。
すぐに話が通じました。
金額を訂正してもらって,チェックアウトを済ませました。
どんなによいホテルでも,確認はきちんとした方が良いようですね。

Chatsworth House,Derbyshire
b0178479_12464884.jpg


チャッツワースに向けて移動することにします。
例によって,A67からA66を経由してA1に入ります。
その後はひたすら南下し,Doncasterを過ぎた辺りから,M18に分岐します。
そのM18は,Sheffield 辺りでM1と合流します。
M1をExit 29で降りて,A617をChesterfield の方に向かいます。

街を過ぎた辺りからA619に入り,チャッツワースに向かいます。
チャッツワースが近付いてきた辺りで,“Peacock Hotel” や “Cavendish Hotel” の案内標識が目に付きました。
当初希望したホテルです。

Cavendish は,デヴォンシャー公爵であるチャッツワースの当主の名前を取っています。
外から覘いただけですが,期待に違わぬ素敵なホテルでした。
[PR]
by travelsketch | 2013-12-29 12:47 | ヨークシャー旅行記2006 | Comments(0)