写真で綴る旅行記 my travel sketch

ヨークシャー旅行記2006 21 Castle Howard へ 

Castel Howards,Yorkshire,England
b0178479_1026234.jpg


ガーデンを通り抜けてしばらく歩いて,やっとメイン・ホールに到着しました。
エントランスでもらったパンフレットによると,敷地はまだまだあります。
ほんの1/4程歩いただけです。どれだけ広い敷地なのでしょうか。
ちょっと呆れてしまいます。

代々続いていたカーライル伯爵の所有は,9代目で終わっているようです。
1930年代からは,ハワード家のファミリー・トラストが管理しています。

Simon Howardsという方の一家が,住まいされています。
住まいになっていますので,ステートリー・ホームと言えるのでしょうか。

キャッスル・ハワードのHPを見ると,冒頭にこの方の挨拶が掲載されています。
さて,この広大な敷地に住まいするのは,どの様な気持ちなのでしょうか。
この方の父親は,一代貴族に任命されています。いまだに貴族階級が存在するイングランドならではですね。

Castel Howards,Yorkshire,England
b0178479_10271796.jpg


Main House に入ってみます。
大きな入り口をくぐると,吹き抜けの広大なホールです。
華美な装飾や絵画に飾られている訳ではないのですが,それがかえって所有者の趣味のよさを感じさせます。
ホールから大きな入り口を通して見える広大な敷地の緑の芝生が,まるで映画の1シーンのようです。
私が気付かなかったのかも知れませんが,公開されている場所はGFの一部分でした。
やはり映画の撮影で度々使われているようです。
その撮影で使用したものが飾られています。
私は知らない映画ばかりでしたが,係の方は一生懸命説明してくれていました。

見学できる場所は少ないですので,すぐ見終わって屋外に出ました。
ホールはとても趣があって好きですが,それ以外はとても高い天井の建物の雰囲気が楽しめました。
[PR]
by travelsketch | 2013-05-18 10:27 | ヨークシャー旅行記2006 | Comments(0)