写真で綴る旅行記

コッツウォルズ旅行記2005 35 マロリー・コートで

Mallory Court,Royal Leamington Spa,Warwickshire
b0178479_2122760.jpg


それにしても,ナイフとフォークだけでどうすればあのようにきれいに皮と骨を取り除くことが出来るのでしょうか。
私自身魚を食べるのが下手なので,箸を使ってもあんなに上手には出来ません。
まさしく熟練の技ですね。

取り外した身の上に,ハーブで香りをつけたバターソースを掛けて出来上がりです。
とても上品な一皿に仕上げてくれています。
イングランドではこの様に仕上げるのですね。

ただし,日本人の私には上品過ぎるようです。
やはり川魚は塩焼きが一番ではないでしょうか。

Mallory Court,Royal Leamington Spa,Warwickshire
b0178479_213441.jpg


デザートはレモンのタルトでした。
上品な酸味ですが,とてもレモンの味が濃く仕上がっています。
それに台はサクサクしており,とてもおいしい一品です。

昨日のパッション・フルーツのソースといい,今日のレモンの味といい,とてもデザートの出来は良かったです。
最後まで食事を楽しむことが出来ます。

今日の鱒のソースは上品過ぎるきらいもありますしたが,前菜もデザートも洗練された,上品な料理に仕上がっています。
それに今日の客層も,高そうなダークスーツをまとった人や,ボウタイがとても似合う知識人らしき人達です。
これまた上品な雰囲気を漂わせています。

料理も雰囲気も,普段味わうことの出来ないものばかりでした。
とてもよいレストランだと思います。
[PR]
by travelsketch | 2013-03-04 21:11 | コッツウォルズ旅行記2005