写真で綴る旅行記 my travel sketch

コッツウォルズ旅行記2005 14 Waterside Inn へ sanpo

Waterside Inn,Bray on Thames,Berkshire
Terrine of foie gras and chicken breast coated pistachio nuts,served with grapes arinated in ratafia
b0178479_95689.jpg


私はフォアグラのテリーヌを注文しました。
付け合せの葡萄の酸っぱさが,フォアグラのおいしさを引き立ててくれます。
オレンジと組み合わせたのはありましたが,葡萄は初めてでした。
オレンジですとちょっと味が濃すぎる気がしましたが,葡萄の酸っぱさは程よいものがありました。

ちなみに家族は,その時の組み合わせが余程嫌だったのでしょうね。
フォアグラを拒否するようになりました。
私としても,日本人としては理解の出来ない組み合わせだと思います。
とてもおいしいはずなのだけど,この組み合わせはちょっと勘弁というのがたまにありますよね。

Waterside Inn,Bray on Thames,Berkshire
Pan fried lobster medallion with a white port sauce and ginger flavoured juirnne.
b0178479_95631100.jpg


大分時間が経ちましたので,周りのテーブルも埋まってきました。
昨日のFat Duck とは違って,客層もとてもよいです。
両肩を出したカクテル・ドレスを着た女性も,ちらほら見受けられます。
ひと目で上流階級と分かる人達ばかりです。
テムズ川沿いの3つ星レストランが,社交場となっているのでしょう。

「街で一番のレストランだよ。」というビーハイブ・マナーのご主人の言葉を思い出してしまいます。
社交場の雰囲気を垣間見れただけでも,来た甲斐があったと思います。
とてもよい雰囲気を醸し出しているお店です。
[PR]
by travelsketch | 2013-01-20 09:56 | コッツウォルズ旅行記2005 | Comments(0)