写真で綴る旅行記

コッツウォルズ旅行記2005 6 fat duck にて 

The Fat Duck,Bray,Berkshire
b0178479_2045278.jpg


なぜ紫キャベツのスープなのか,頭の中が疑問詞でいっぱいになりながらアミューズは終了。
しばらく間が空いて,前菜が運ばれてきました。
手長えびのラビオリ,フォアグラのソテーと,ばらばらの皿を頼んでみました。

私はフォアグラを頼みましたが,火の入り具合は完璧です。
とろけるような舌触りと,付け合せのパリパリ感の対比が絶妙です。
これは美味しいです。さっきまでの不機嫌は少しだけ解消されました。

ラビオリもソースの味が最高で,ラビオリの茹で加減もちょうどだったようです。
一皿目は3つ星に値する調理加減です。

The Fat Duck,Bray,Berkshire
b0178479_2045423.jpg


待つこと30分やっとメインが出てきました。
我が家の食の嗜好性は,見事に分かれています。
私と下の子は羊,上の子は甲殻類と魚,連れはそれ以外。
メインの注文もそれに沿っています。

先程のフォアグラの火加減も絶妙でしたが,メインのお皿は何れの火加減も素晴らしかったです。
わたしの羊のロースも同様です。
肉自体が美味しいのでしょうが,それを最適の調理で仕上げてくれています。
今回の滞在中殆ど毎日羊を食べていましたが,やはり出色の出来です。

ただし,付け合せのスープはなぜ付いてきているのか,最後まで,全然理解できませんでした。
[PR]
by travelsketch | 2013-01-09 20:48 | コッツウォルズ旅行記2005