写真で綴る旅行記

イングランド旅行記2007 64 旅の終わり かけがえのない非日常的な時間

b0178479_21285445.jpg

ビジネスクラスのエリアには,初めて足を踏み入れました。
747-400ですので,最新の機体のビジネスクラスのシートのような先端のデザインではありません。
しかし,横2席ずつ,前後の間隔をゆったりと取った空間配置です。
コートを掛けるクローゼットのエリアもあります。

シートはどっしりとしていて,しかも座り心地は快適です。
シートバックは何処までもリクライニングでき,殆どフラットになります。
それでいて,後ろの座席の人には何の影響も出ません。

おかげで,快適に,そして熟睡することが出来ました。
この快適さを手に入れられるのであれば,50万近い料金設定も理解できるというものです。

b0178479_21304843.jpg

最後の最後に,とっても貴重な体験ができました。
考えてみますと,今回もいろいろ非日常的な時間を過ごすことが出来ました。

CDでしか聴くことができなかったキーシンや内田光子の世界を垣間見て,ポートベロー・マーケットの活気に触れ,貴族のお館の雰囲気に浸り,二つの2つ星レストランで料理を楽しみ,違う建築様式の建物が建ち並ぶ街中を歩き回り,違う言葉を喋る人達と交わる。

日常を脱却するために,非日常的な時間を過ごすという旅行の目的は,十分達成出来たものと思います。
これだから個人旅行は辞められませんね。

これをバネにし,そして次の旅行を楽しみにして,明日からまた仕事を頑張らなくては!
[PR]
by travelsketch | 2010-12-21 21:32 | イングランド旅行記2007