写真で綴る旅行記

イングランド旅行記2007 61 旅の終わり 機内持ち込みは1個まで

b0178479_2237592.jpg

次の日は移動の一日でした。ホテルから,ブラックキャブでアールズ・コート駅に向かいます。
そして,アールズ・コート駅でピカデリーラインに乗り換えてヒースローに向かいます。

チューブを降りて,チェックイン・カウンターに向かいます。
カウンターには誰も並んでいません。
カウンターにいる人に話し掛けますと,遠くにある機器を指差して,「あの機械でチェックインを済ませてくれ。
ここは,バゲージの受付だけだよ。」と,言われました。

国際線の自動チェックインは初めてでした。
アムステルダムまでの便を済ませ,成田までの便の手続をする時です。
試しに一番前のブロックを押してみたところ,手続できました。
一番前,席番号1Kです。

b0178479_22404674.jpg

チェックインを済ませ,バゲージをドロップし,セキュリティチェックに向かいます。
そこで,ちょっとしたトラブルが起きました。

私は,カメラの入ったバックとウエッジウッドの食器の入った紙袋,荷物を2つ持っていました。
それが引っ掛かってしまいました。

荷物は大小に係わらず,1個までしか持込を認めないというのです。
困ってしまいました。見かねたバゲージドロップのカウンターの人が,大きなビニール袋を持ってきてくれました。
2個をまとめて入れて,それでOKでした。

1個にして,何が変わるのでしょうか。
規則ですので守るしかないとは思います。
しかし,必然性を理解できない規則ほど馬鹿げたものはないですね。
[PR]
by travelsketch | 2010-12-18 22:47 | イングランド旅行記2007