写真で綴る旅行記

イングランド旅行記2007 51 ロンドンにて 虚しいだけの既知の情報の追体験

b0178479_20414678.jpg

地上に出ますと,目の前にビッグ・ベンがそびえ立っていました。
写真でよく見る姿そのままです。しかし,ただそれだけでした。
考えてみますに,既知の情報の追体験というか,再確認するだけの旅というのは虚しいですね。
わざわざ現地に来る必要性が無い訳ですから,アームチェアー・トラベラーでも十分な訳です。
こういったガイドブックの再確認の旅は,パッケージ・ツアーに任せておくべきでした。

個人旅行は,現地に行かないと体験できないものを追いかけるべきですね。
一回は見てもよいかと思いますが,リピートすべき所ではなかったようです。

早々に引き上げ,街の探索に出掛けたいと思います。

b0178479_204427.jpg

テムズ川の対岸を眺めます。カウンティ・ホールの建物と,隣のジュビリー・ガーデン内にあるロンドン・アイが目に入ってきます。
ロンドン・アイの存在は知っていましたが,まさかここにあるとは思いませんでした。

それだけ取るととても近未来的なフォルムですので,ロンドンの街並みにそぐわないと思っていました。
しかし色使いが上手いのでしょうね,周りの建物に溶け込んでいます。
そして,カウンティ・ホールと一体感があります。
最初は付属施設かと思ってしまいました。

カウンティー・ホールはロンドン全域の地方行政府になります。
例えると,都庁の脇にこのような巨大な観覧車が出来るようなものですよね。
そんなこと,普通は考えられないですよね。
[PR]
by travelsketch | 2010-12-03 20:53 | イングランド旅行記2007