写真で綴る旅行記 my travel sketch

イングランド旅行記2007 19 バービカンへ We will rock you

b0178479_19293415.jpg

トッテナム・コートロード駅の階段を上り,地上に出ます。
すると目の前にフレディ・マーキュリー(?)の巨大な像が目に入りました。
どうやら,ミュージカル“ウィ・ウィル・ロックユー”を上演している,ドミニオン・シアターの前に出たようです。

“マンマ・ミーア”と“ウィ・ウィル・ロックユー”は,滞在中に観たかったミュージカルです。
偶然に劇場を見掛けただけですが,それだけでも十分満足です。

トッテナム・コート通りを北に向かい,一本中に入ったシャーロット通沿いにレストラン“Pied a terre”は在りました。
レストランが建ち並ぶ,雰囲気の良い通りです。
近くにはスタイリッシュな内装を誇るチャイニーズレストラン・ハッカサンの姿も見うけられました。

b0178479_1930499.jpg

しかしなぜか“Pied a terre”の前だけは雰囲気が暗いのです。
ドアも閉まっています。2つ星レストランが,こんな暗い雰囲気のはずがありません。
何かがおかしいです。

何故かを考えたら,とんでもない間違いに気が付きました。
“Pied a terre”の定休日は土曜日,すなわち今日です。
予約を入れてあるのは,“The Capital”の方でした。
既にザ・キャピタルに予約してある13:00はとうに回っています。
たしか予約の際にデポジットを要求され,クレジット・カードの番号を伝えてあります。
このままでは,キャンセルチャージが発生してしまいます。

気持ちを落ち着けてから,到着が14:00を廻ってしまうことをザ・キャピタルに連絡しました。
電話に出た人は,快くOKしてくれました。
最高の対応ですね。助かりました。
[PR]
by travelsketch | 2010-11-06 19:13 | イングランド旅行記2007 | Comments(0)