写真で綴る旅行記

イングランド旅行記2007 18 バービカンへ London Wall

b0178479_13104399.jpg

バービカン・センターに到着です。それにしても,あまりにも大きな建築群です。
都合3日間通いましたが,どこがどうなのか最後まで理解できないで終わっています。

おそらくここが正面であると思われる所から入って行きました。
都合がよい事に,入った所の正面にボックス・オフィスは有りました。
混んでいませんので,並ぶことなくチケットを手にすることが出来ました。

館内では,25周年を記念するいろんなイベントが開かれているようです。
興味を惹かれるようなものは有りませんでしたが,パフォーマーには子供を連れた人達が群がっていました。

HPを見ますと,音楽だけでなく写真や映画,絵画などのいろんなアートを対象にしているようです。
いろいろ有り過ぎて,全部を把握しきれないで終わっています。

b0178479_1311866.jpg

入った時とは反対側の出口から出てみます。こちら側がバービカン・ホールの正面玄関のようでした。
出た所は,2階ですが広い中庭のようになっており,沢山の人達がベンチに腰掛けて休んでいます。12:00は過ぎていますので,皆さんお昼休みでしょうか。

私も今日のランチの場所である,“Pied a Terre”に向かうことにします。
帰りはロンドン・ウォール通り経由で帰ってみました。

通りの名前通りに,苔むした城壁の残滓が建ち並んでいます。
それと共に,いろいろな説明書きがあります。
現在の残滓と当時の姿を重ね合わせたパネルが,いちばん興味深かったです。

セント・ポール駅まで戻り,セントラル・ラインで,トッテナム・コートロード駅に向かいます。
[PR]
by travelsketch | 2010-11-06 13:11 | イングランド旅行記2007