写真で綴る旅行記

イングランド旅行記2007 18 ポートベロー・マーケットへ Paul Smith

b0178479_21263238.jpg

ノッティングヒル・ゲイト駅が近くなるに連れて,建物の雰囲気が洗練された物に変わってきます。まさしく,ミシュランのガイドで言うところの“trendy residential area”です。

その中でも,ひときわ目立つ白亜のタウンハウスがありました。
正面玄関の上に,さりげなく“Paul Smith”のロゴが入っています。
御洒落ですね。
タウンハウス全部を,そのままショップにしているようです。

b0178479_21271215.jpg

デザイナーである,ポール・スミスらしさを感じさせます。
どこか洒落っ気と茶目っ気のある彼の顔が浮かんできます。

2000年に訪れた,Floral Street のショップは労働者階級を意識させられました。
その対極にあるのがこのwestbourne houseのショップでしょうか。
彼の,両面性を示すものかと思います。
[PR]
by travelsketch | 2010-11-04 21:28 | イングランド旅行記2007