写真で綴る旅行記 my travel sketch

イングランド旅行記2007 8 ロンドンを目指して フライングブルー・ゴールド

b0178479_11582516.jpg

さて,旅行当日です。今回は,KLMのゴールドメンバーになって初めての旅行です。

ヒルトンのバスで,第一ターミナルに向かいます。
バゲージチェックの所には,長蛇の列が出来ていました。
しかし,ビジネス客のラインには誰もいません。
エコノミーの列を尻目に,バゲージチェックをすり抜けるのはとても気持ちが良いです。
このメリットだけでも,エリート・メンバーになって良かったと思いました。

真っ直ぐカウンターに進み,チェックインを済ませました。
残念ながら,ビジネスにはアップグレードなりませんでしたが,足元の広い席をアサインしてくれました。
6万しか払ってないチケットで,こんな待遇を受けれるなんて。最高の気分です。


*2007 当時はとてもよかったですね。
しかし,フライングブルーは2009 に大改悪がありました。
それまで,100%マイルが貯まっていたのに,正規航空券でもエコノミーは殆どのクラスで50~25%しか貯まらなくなりました。
この秋の旅行は,往路が50%で復路が25%,合計でも4522マイルです。以前は12,060 マイル貯まったところがこれです。1/3 しか貯まりません。
2往復すればエリートメンバーに成れたのに,6往復必要です。
エコノミーの客は相手にしていない姿勢がよく分かりますね。

またマイルの有効期間が,36ヶ月から20ヶ月に激減しました。
これも大きいです。1年半に1回,スカイチーム系を利用しないとマイルが消滅してしまいます。

エコノミー客はとても使い辛くなったフライングブルーです。
早くマイルを使い切って,現在のエリート資格が消滅する来年4月には,北米系のプログラムに変更しようと思っています。

b0178479_11585545.jpg

もう一つ大きなエリートメンバーのメリットがあります。
それは,ビジネスラウンジを使用できることです。
第一ターミナルのノースウエストのラウンジは,3Fにあります。
多くのお客さんの喧騒に包まれた2Fから3Fに上りますと,そのとたんに静寂に包まれます。
全くの別世界です。

受付でメンバーカードを提示して,中に入ります。
すわり心地の良さそうな椅子が,スペースを大きく取りゆったりと配置してあります。

セルフですが,飲み物はアルコールからベバレッジまで,いろいろ取り揃えてあります。
簡単なスナックもあります。
椅子に座ってみますが,とても快適なすわり心地です。
とても素晴らしいです。おかげで,快適な気分で旅行をスタートできそうです。
[PR]
by travelsketch | 2010-10-30 11:59 | イングランド旅行記2007 | Comments(0)