写真で綴る旅行記 my travel sketch

イングランド旅行記2007 2 旅の始まり バービカンセンターと内田光子

b0178479_1445854.jpg

バービカン・ホールの日程を探している中で,エフゲニー・キーシンと内田光子の名前を見つけました。
内田光子のことは,生誕250年を迎えたモーツアルトを紹介する映像で初めて知りました。
オーケストラをバックに,弾き振りをしている時のものです。
それは,彼女の情熱がこちらに直接伝わってくるような,素晴らしい演奏でした。

その内田光子がロンドンのバービカン・センターの25周年を記念する一連のコンサートで,ロンドン・シンホニック・オーケストラと共演します。
2月中旬から3月上旬に掛けて,演題を変え,幾晩か演奏するようです。
そして,3月上旬の演奏の前後には,あのキーシンのリサイタルもバービカン・ホールで開かれます。

b0178479_14452929.jpg

その時期に,ローヤル・オペラでは残念ながらバレエは開催されていません。
しかし,バービカン・ホールの3晩の楽しみがあります。
バレエは次回の楽しみに取って置きましょう。
今年は,内田光子のコンサートを旅行のメインテーマに定めることにします。

ここ数年,毎年のようにイングランドを訪れています。
イタリア,スペインとは違った魅力が在ります。
何と言っても,一番最初の個人旅行は,ロンドンとスコットランドです。
イングランド,やスコットランドの街並みと,郊外の田園風景が大好きなんですね。

食べ物は,イタリアほど簡単に美味しい物にありつけません。
しかしそれを補って余りある物があります。
今年もU.K.を訪れることになりました。
[PR]
by travelsketch | 2010-10-24 14:45 | イングランド旅行記2007 | Comments(0)