写真で綴る旅行記

オルチャ渓谷旅行記2007 40 旅の終わり いろんな事を感じることが出来た一週間

b0178479_22135288.jpg

地元のお店でその土地の料理を楽しむという,今回の目的の最後を飾るのに相応しいお店でした。
お店を出て,ピウス二世広場に向かいます。
ヴィンサントの酔いが回って来ています。少し醒まさなければ。

すでに22:00になろうとしていますが,地元の人で賑わっています。
私も,ピッコローミニ宮の前に腰を下ろします。
陽光に溢れた昼間の広場も良かったですが,照明に浮かび上がる広場も良いものです。

独りで座っていると,この一週間のいろんなことが浮かんできます。
いろんなことを感じ,いろんな素敵なものを目の当たりにできた,とても楽しかった旅行でした。
帰りたくなくなってしまいます。

大きな思い,気持ちをこの街に置いていきます。
何年かしたらまた,それを取りにきたいと思います。

b0178479_221418100.jpg

ホテルに戻ります。明日の朝は忙しくなりそうですので,パッキングを済ませてから休むことにします。
帰りのパッキングをしている時って,悲しくなってきますよね。

出発前の成田に着いた時が一番幸せな時間だとすれば,帰りの準備をしている時が一番悲しい時間だと思います。
また来れれば良いのですが,そうなるか誰も分かりません。

ツーリスティックですが,観光客で溢れるフィレンツエ。
観光客も程ほどで,キジアーナのコンサートを楽しめたシエナ。
コルトーナのレストランからの眺望。
オルチャ渓谷の長閑で,きれいな景色。
ピエンツァの中世の雰囲気溢れる街並み。
そして,オルビエートの街の佇まいとこぎれいな街並み。

何れも,大切な,大切な思い出です。
[PR]
by travelsketch | 2010-07-22 22:17 | オルチャ渓谷旅行記2007