写真で綴る旅行記 my travel sketch

オルチャ渓谷旅行記2007 31 オルビエートへ 観光客の間をすり抜けて

b0178479_2136155.jpg

モンタルチーノのように,途中で車両進入禁止になることはありませんでした。
しかし,車通りは殆どなく,道いっぱいに観光客が歩いています。
その間を縫うようにして走っていきます。
この時ばかりは,車体の小さな青パンダを借りて良かったと思いました。

道行く人達の冷たい視線が刺さってきますが,気にしないで先に進みます。
しばらく進みますと,予習していた情報の中にあったレプブリカ広場を通り抜け,目的地に到着です。

しかし,辺りには駐車場らしき所が見当たりません。
Pの看板がありましたので,それに従って先に進みます。
しかし,何処まで行っても駐車場は見当たりません。
ついに反対側の城門を出て,街の外に進みます。
どこまで誘導するのかちょっと心配になった時に,真新しい駐車場の入り口が見えてきました。

b0178479_21365221.jpg

オルビエートの土地は,凝灰岩で形成されているそうです。
そして,凝灰岩は加工し易いにも拘らず,丈夫で堅固な特徴を持っています。
そのため,地下には巨大な地下洞窟が張り巡らせてあるそうです。
この駐車場はそれを利用してあるように思えました。

駐車スペースは真新しいです。
しかし,そこから地上に出るまでの通路は,古い地下洞窟の雰囲気そのままです。
きっと,そのまま利用しているものと思われます。
予想もしないところで,地下洞窟の雰囲気を味わえました。

時間があれば,本格的に探検してみたくなるような所です。
ちょっと子供の頃の探検ごっこを思い出してしまいました。
[PR]
by travelsketch | 2010-07-10 21:40 | オルチャ渓谷旅行記2007 | Comments(0)