写真で綴る旅行記

オルチャ渓谷旅行記2007 22 サンタンティモ修道院へ いざコンサートへ

b0178479_23301219.jpg

サンタンティモ教会は,モンタルチーノからSP55を南に10km程下りた,キャステル・ヌオーボの街にあります。
18:00からですので,17:00過ぎにはホテルを出るようにします。
教会の住所はどこにも出ていませんでしたので,ナビにはキャステルヌオーボの適当な住所を入力してスタートします。

モンタルチーノの出口の所にはロータリーがあり,4つに分岐しています。
ナビを良く見て注意して走ったつもりでしたが,やはり出口を間違いました。
SP55からどんどん離れて行きます。途中でUターンして引き返し,再度ロータリーに入り直します。
今度は上手くSP55に入れました。

ところで,とてもよさげなエノテカがロータリーの近くにあり,たくさん車が止まっていました。
後で入ってみようかな。

b0178479_2331305.jpg

SP55はこれまで走った中では,いちばんの田舎道でした。
キャステルヌオーボに着くまで,街らしい街は一つもありません。
延々と葡萄でしょうか,畑が続きます。その中にとてもよさげなアグリツーリズモがありました。
たくさんの車が止まっており,とても興味をそそられました。
イタリアで郊外に宿泊するのなら,アグリツーリズモも良いですよね。

ファームでは主に葡萄を造っているのでしょうか。
Piombaiaという銘柄の,ブルネッロとロッソのワインを造っています。
ワイナリーのワインを飲みながら,併設のオステリアで地元料理を食べ,近くの宝石のような小さな街をのん
びりと巡る。
次回は,同じアグリツーリズモに1週間滞在という選択も良さそうですね。
[PR]
by travelsketch | 2010-06-30 23:34 | オルチャ渓谷旅行記2007