写真で綴る旅行記 my travel sketch

オルチャ渓谷旅行記2007 19 ピエンツアへ 子豚でパニーノ

b0178479_17591994.jpg

広場の脇から出て,城壁の縁に出てみます。縁に沿って細い道が通っています。
景色を眺めながらお散歩するにはちょうど良いところです。

モンタルチーノよりはずっと広い街ですが,丘陵地帯の頂点に位置しますので,同じ様に眺めが良いです。
ただし,来る途中に見かけたSP146沿いの風景には勝てません。
糸杉と民家がちょうど良いアクセントになっています。

ここからも糸杉は見えるのですが,あまりにも遠すぎます。
もしかしますと,幹線から脇道にそれていった方が,もっと良い景色に出会えるのかもしれませんね。

ゆっくり歩いてみたかったのですが,この通りはあまりにも日差しが強いです。
日干しになってしまいそうです。元のロッセリーノ通りに戻ることにします。

b0178479_1801184.jpg

ロッセリーノ通りを先に進みます。通りにはいろんなお店が軒を連ねています。
その中で目に付いたのが,お肉屋さんです。おいしそうな豚の丸焼きが,店先に並べてあります。
それをスライスしてパンに挟んで,パニーノとして売っていました。

とてもおいしそうですし,皮ごとスライスした豚丸焼きなんてあまり見かけませんからね。
さっきお昼を食べ損ねましたので,買ってお昼の代わりにします。1個で3ユーロです。

お店のおばさんにお願いしたら,とても大きなパンに分厚い切り身を挟んでくれました。
一人で食べきれるのでしょうか。

広場に戻り,一口かじってみます。味付は塩だけですが,肉の味がとても濃いです。
おいしいですね。完食です。心配は杞憂に終わりました。
これはこれで,大当たりの昼食でした。
[PR]
by travelsketch | 2010-06-27 18:30 | オルチャ渓谷旅行記2007 | Comments(0)