写真で綴る旅行記

ブルターニュ旅行記 2009 7 今回のお供はプジョー308SW

b0178479_2053870.jpg

エールフランスの利用は久し振りです。相変わらず,エコノミークラスでも気持ちの良い対応をしてくれます。
今年倒産したイタリアの国営会社とは,雲泥の差がありますね。

ただ,あまり上映映画で興味を惹く作品はありません。
到着後に備えて,赤ワインを呑んで6時間ほど熟睡。あっと言う間に到着です。

入国審査では,大したことは訊かれずに入国です。
モノレールで2Fから2Eまで移動。2Eのユーロップカーのカウンターに向かいます。





b0178479_1940583.jpg

カウンターには数人の列が出来ていましたが,すぐ順番が回ってきました。
比較的分かりやすい英語を操ってくれます。
ただ,細かい所の意思の疎通はうまく図れなかったようで。
追加で保険加入しましたが,追加の車両保険だけでなく,追加の盗難保険まで入っていました。
それはそれで結果良しでしたので,そんなに気にはならなかったです。

それよりも,プジョー308のカテゴリーで予約していたはずです。
しかし,配車なった車のキーを見たところ207の文字が見えます。これは堪りません。
4人が乗車し,スーツケースも大型2つで有る旨を伝えました。
すると,いとも簡単に308に変更してくれました。それもステーション・ワゴンに。

ここら辺は,きちんと主張しないいけないようですね。このフランスという国では。
[PR]
by travelsketch | 2009-11-02 20:32 | ブルターニュ地方旅行記2009