写真で綴る旅行記

アンダルシア地方旅行記2002 30 トレド セント・マーチン橋

b0178479_20231299.jpg
あっちこっちをフラフラしながらも,何とか西の端まで辿りつきました。
この,セント・マーチン橋を渡れば,タクシーと待ち合わせの場所です。

マドリードに戻る前に,バルでトイレを借りました。
その時に,下の子がトイレに閉じ込められて,ちょっと大騒ぎ。
鍵が堅かったせいでした。
それでも何とか開きました。
ほっと一息です。

最後はお決まりの,トレドの街を一望できる高台から写真を撮ってお終いです。

さて,マドリッドの街に戻ります。






b0178479_20282583.jpg

タルゴの出発時間までは,未だ間があります。
これもお決まりの,プラド美術館に立ち寄ります。

プラド美術館で一番好きな絵は,ゴヤの「わが子を喰らうサトゥルノ」です。
何回見ても,絵の前に釘付けになってしまいます。
この絵に関する解釈などは分かりません。
しかし,何回観ても絵の中に引きずり込まれてしまいます。

パリ行きのタルゴは,アトーチャ駅ではなく北に位置するチャマルティン駅から出発します。
途中,レアルの本拠地,カンプ・ノウを通り過ぎます。
一回でよいので,ここで観戦してみたいです。
エスパニョールに俊輔が在籍している今シーズンは,絶好の機会かもしれませんね。

初めて,海外で国際列車に乗ります。
プラットフォームを探すのも一苦労でした。
何とかたどり着いて,自分達のコンパートメントに入ります。
4人1室ですので,ちょうど独占できます。

キオスクで飲み物と食べ物,そしてナイペスを購入します。
さて,パリに向けて出発です。
[PR]
by travelsketch | 2009-10-05 20:40 | アンダルシア地方旅行記2002